藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 津軽三味線 IWAKI
satogiku.jpg
今日は月1の家元のお稽古日、訓菊さんとツーショット(笑)
台風前

明後日からの岡山。
『台風とこんにちは』になりそうでドキドキです。

うちの母も明日は何ヶ月も前から日帰り旅行を計画していて、折角の同級生旅行の雲行きがあやしくテンション下げ下げです。

飛騨高山はまだまだ、青空がみえています。
さっき、岡山藤秋会の藤井さん(訓友さん)と連絡を取ったら、台風を吹っ飛ばせ!!!といった感じの3オクターブ高い声でテンション上げ上げでした(笑) 
心配ないさぁ~~♪と心強い岡山藤秋会の藤井さんでした。

とにかく日本列島を総なめ予定の台風と、どこで『こんにちは』になるか。
では、JRのチケット買いに行くとするか。
岡山
上記写真【左から:訓栄さん:訓友さん:訓成:田吾作さん】

台風も過ぎ、安心して晴れの国、岡山へ行ってきました!

高山から名古屋までの移動所要時間は2時間半。
名古屋から岡山までは1時間40分。いつも思うが新幹線って早い。

この日お世話になった岡山藤秋会の加藤訓友さん【写真】とのショット。ありがとうございました。

SANTA HALL (サンタホール)は客席300席程でお客さんとの距離が近い。初めての岡山での演奏、気合いを入れないといけない。(どの公演でも気合いは入れているのだけれど更にってことです)

サウンドチェックが始まり、いつものように1人ずつマイクチェックをしていく。
ちなみに今回は訓菊さん→訓栄さん→私→家元(代打訓栄さん)→訓音さん→訓峯さん→佃さん→田吾作さん。

昔から、一人ずつのマイクチェックはドキドキする。
津軽三味線大会まではいかないけど、それに近いドキドキ感がある。(お家元の七五三奮闘記のように)緊張して自分で何を弾いているのか分からなくなったときもある。

多分IWAKIのみんなも少しはそんな気持ちを理解してくれるのではないかと勝手に思ったりして・・・・・・。

さて、話は戻るが、どの会場でもたいていサウンドチェックの時、お家元が『このカシカシした音を除いて下さい』とおっしゃる。

本当にいつも『カシカシ』と鳴る。
今回も『カシカシ』と鳴っていた。やっぱり『カシカシ』は全国共通なのだ。
しかも、この『カシカシ』はあの手この手を使っても、しぶとく存在する。

さあ本番、気合いを入れて演奏!!現れないで『カシカシ』ーーーーーー!!

『カシカシ』との戦いは生涯続く。
岡山3新幹線

岡山公演終演後、名古屋までの最終新幹線がちょうどあった。
発車時間に間に合うように、ビール、お酒、おつまみ等を用意、またIWAKI頑張るぞーの一声で、新幹線に乗る前から・・・・お家元を始めメンバーのみんなありがとうございました。

岡山2
煮物

『うーまい!うますぎる!!』うちの旦那の第一声。

昨日はIWAKIの初稽古、スーパーシリーズを重点的にお稽古。IWAKIのお稽古は何だかんだ言ってもやっぱり楽しい。いつもよりお稽古を早めに始め早めに切り上げ、その後、御家元宅奥様手料理の新年会へ急いだ。(ちょっと急ぎすぎか)

内弟子時代に御家元のご自宅にあった丸い木のテーブルを思い出させるような円卓。
昔から御家元は『テーブルが丸いと沢山座れるからいいな』とおっしゃていた。昨日もそうおっしゃった。
またテーブルいっぱいに奥様の手料理が並ぶ。これも内弟子時代から変わらない。昔はお料理を残さないように沢山食べられたが、さすがにIWAKIもアラフォー。昔のようにはいかない。

家庭のあるメンバーは、奥様の手料理をタッパに詰めお土産として頂いた。
それなのに私は名駅から高山行きの高速バスに乗るため、後片付けのお手伝いもせず御礼を言って新年会を失礼した。

さてそのお土産に頂いたお料理の中でもイチオシの煮物。本当においしい。
昨年の五木公演の時も2回ほど頂いた。

『最近の若い人は煮物なんか食べないでしょ』と奥様はおっしゃるけど、私は田舎育ちで子供の頃から煮物中心の食生活だったので何の抵抗もなく、むしろ秋田のお醤油の味が新鮮で(懐かしい味)ついつい食べ過ぎてしまう。
以前もブログに書いたが、奥様のお料理は本当においしい。御家元もベタ褒め。

煮物には、タケノコ、ぜんまい(わらび)しらたき、鶏肉、ちくわ、こんにゃく、あげ、山芋ちくわ、そしてニシン。このニシンが絶品!!色は濃いけど、しょっぱくない。
そしてニシンは数秒で胃の中に消えていった。

奥様、IWAKIの新年会に大変美味しいご馳走をありがとうございました。
今年は30周年記念公演、出演者530名の凄い舞台、これを乗り切るためにも人と人との繋がり(つながり)を大切にして行かなければならないと心に誓った。
栄章さん栄保さん、可児のみなさんこの度は大変お世話になりました。
そして、名取襲名おめでとうございました。

大変素晴らしい披露宴でした。

私が大変心に残ったのが、栄章さん、栄保さんがIWAKIの演奏の時、自席に着かれずお客様のテーブルの最後列でずっと立って聞いてみえたお顔が喜びあふれる満点笑顔だったこと。
舞台ではコンタクトレンズを着けるため、遠くの方までしっかり見えるのです。間違いないと思います。

それと、お二人のご家族の皆さんも忙しく動き回って、本人達の写真を沢山撮って見える姿にも大変ご理解頂いて見えるのだな、と心にぐっと来ました。

わたしですらこんなに心を打たれたのだがら、お師匠さんにあたる訓栄さんはさぞ嬉しかった事と思います。
御家元も最後のご挨拶で訓栄さんのことを『若い師匠だから、もっと可児の地で頑張ってもらいたい、応援してほしい』とご挨拶された。

本当にその通りです。
こんなに応援して下さる皆様がみえるのですから、訓栄お師匠さん頑張って下さい。またいつでもお手伝いさせてもらいます。

それから声援を送って下さった、高木会長、ありがとうございました。お体大切に藤秋会と共にいつまでも元気いっぱいの会長でいらしてくださいね。

可児の皆さんありがとうございました。
可児名取式

追伸:お土産に頂いた辛子明太子、とっても美味しかったです。主人が大絶賛でした(ちゃんとブログに載せるようにとのことでした)ありがとうございました。
またまた久しぶりのブログアップです。

名古屋での一人暮らしにパソコンを持って行ったら、すぐフリーズ。
ようやく2回目の休演日、大雪の中子供達とそのパソコンを連れて高山へ、名古屋駅では乗るはずではなかった2本前の電車に乗り無事高山へ到着。

天気予報では名古屋はすでに晴れ(本当に晴れているのか?)
JR高山線は事故でもない限り、ちょっとぐらいの積雪ではびくともしないのでダイヤの遅れはあるが、高速道路の移動より安全。

明日からは名古屋方面の天候は晴れのようだ。また朝一のワイドビューで名古屋入り。
そんなことで、パソコンの復旧ができ次第またブログアップします!!

【IWAKI楽屋にて・・・その1】
川中美幸公演3
【ワイドビューひだにて】
川中美幸公演7
【私の替わりに、初音がお父さんへ愛情弁当“れざあと”とはデザートのことみたい】
川中美幸公演9
京都は暑い!!もう12月に入ろうとしているのに私ひとりだけ汗を流していた(笑)
たまたまその日は全国的に暑いようだったが、この時期に運動もしないで流れるような汗をかくなんて信じられない。ある意味運動不足と言うことか・・・。

さて、この度は久しぶりのIWAKIメンバーでの演奏。
演奏時間がコンパクト(笑)だった為、あっという間に終了しましたが、京都での老舗ホテルの宴会場は古いながらも風情のある会場で気持ちよく弾けました。小野先生、成信さんありがとうございました。

その後はご想像通りです(笑)

【IWAKIのCDジャケット風に撮ってみましたが1人多い!?】
2011京都