藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 「訓成会」お稽古場より
訓成会は、お昼間しかお稽古に来られない方にも、お稽古をしております。

夜間のお稽古では、ご家族の夕飯の支度などで出にくい女性にはぴったりです。月に2回の合同稽古(水、月)と個人稽古で3回お稽古しています。

訓成会スケジュールにもお稽古日予定をアップしておりますので、一度見学してみたいとお思いの方は気軽にお越し下さい。
事前にメールを頂けると、お稽古用の緒三味線をご用意致しますので、プチ体験出来ますよ。
お月謝他の経費等のお問い合わせは、メールフォームにてお問い合わせ下さい。お待ちしております。

譏シ蜷亥酔縺顔ィス蜿、_convert_20090821124855

子供三味線

私がはじめて三味線を持った日のことは全く覚えていない。

家族からは『3歳ぐらいから持っていたんじゃない?』と言われていたが、現在子供達も大きくなり私が三味線を持った歳と同じか、それを越えてしまった。

現状では、バチ(これは基本中の基本)づけを集中的におけいこしている。
左指は全く動かしていないので、左手で鼻の頭をかいたり好きなことをやっている(笑)しかし曲の流れを徐々に覚え、じゃん!と決めるところは決めている姿がとてもカワイイ。

上の子は三味線とピアノに通っているが、とにかくお菓子や物でごまかし、何とか頑張らせているがいつまでもそんな訳にはいかないので、新たな対策を考えて行きたいと思う。

5歳と3歳、五木ひろしさんの公演が始まる前に、七五三のお参りと記念写真を撮っておこうかな。

何か極めつけの方法がありましたら是非教えて下さい!!
螟懷粋蜷後♀遞ス蜿、_convert_20090825113030

訓成会の夜の合同稽古風景をご紹介致します。
月に2回の合同稽古(木)19:30からと、個人稽古で3回お稽古しています。夜は男性が多くみんな良きライバルとしてお稽古に励んでいます。

訓成会スケジュールにもお稽古日予定をアップしておりますので、一度見学してみたいとお思いの方は気軽にお越し下さい。
事前にメールを頂けると、お稽古用の緒三味線をご用意致しますので、プチ体験出来ます。
お月謝他の経費等のお問い合わせは、メールフォームにてお問い合わせ下さい。お待ちしております。
家元総見

昨日訓成会の家元総見会がありました。
御家元には遠路はるばるお越し頂き大変感謝申し上げます。

孫弟子会の総見は年に1回ありますが、取立師匠ならみな同じ思いだと思いますが、直接指導を受ける孫弟子よりも緊張して、ドキドキしているはず。なぜなら取立師匠の指導技術を問われる瞬間だからです。

総見が始まり、三味線の音が鳴り響き一曲終わったときに御家元から発するお言葉が恐い!!

『うん、まあ、まずまず』

はーーーっ、まず第一関門突破。
しかし総見が進むにつれて少しずつ、緊張も限界に達し、とうとう何処を弾いているか分からなくなっているお弟子さんを発見。頑張れ!!心の声で応援したり励ましたりして、無事総見会が終了しました。

毎年総見会では、基礎的なご指導をゆっくり頂くのですが、今年は11月に御園座にて五木ひろしさんの公演に出演させて頂く事になり、そちらの公演に向けての総見会でした。
しかし、私が言うのも何ですが、わりと上手に弾けていたと思います。御家元からもまずまずの評価でしたので一安心です。細かい注意点はたくさんあり課題は尽きませんがまだ2ヶ月ありますので私もみんなと一緒に頑張りたいと思います。
【後編へつづく】
御家元の総見会が終わると、いつもの 『ごっつおや』 へ、レッツゴー!!

御家元を囲み(御家元には大変失礼なのですが)少し遅れてくる方を待つまで 『リハーサル』 と称し1度目の乾杯が行われる。次々にメンバーが揃い本番の乾杯。

生ビールのグラスはカチンカチンに冷え美味しいビールをぐいーっと。

訓成会総合病院のメンバーは何と切り出してくるだろう・・・・・様子をうかがう。

もうほとんど覚えていないが、御家元のブログにもあったように電磁波の問題や、世界陸上の性別検査の問題など、他の諸問題??も大いに議論し意見を交わしました(笑)ケニアのお話しも・・・。

御家元には毎年、わざわざ高山までお越し頂きご指導頂きます。ありがとうございます。孫弟子会のお稽古ではなかなか指導できないこともあり、私もお弟子さんと一緒で大変勉強になります。

またお稽古後の話題をストックしてお待ちしております(笑)
昨日はお昼の合同稽古。
五木公演に向けて、日々精進しているのが伺える。

特に、うちの女性部員を引っ張ってくれる平畑部長は、すごい意気込みだ。
皆さんもそうかも知れないが、自宅では毎日、三味線と向き合って稽古をしている様で、

『カラスが鳴かない日があっても、平畑の三味線が鳴かない日はない』
と近所でも噂されており(笑)

お孫さんに至っては、
『ばーばには、三味線があるから、寂しくないでしょ!!』と言われているらしい。

ここまで平畑家での三味線浸透率が高いのにはびっくりした。

ここまで現実を知ると、部長のためにも(もちろん訓成会で頑張ってくれるみんなの為にも)五木公演での舞台をより良い物に仕上げて行かなくてはならないと感じた。

昼の合同稽古の仕上がりは、首を縦に振れる出来になってきている。
先週の土曜日、郷土民謡協会秋季全国大会リハと、11月の五木公演のリハが豊田の元町工場の厚生センターであった。

東海地区より約90名ほど集まり、一斉にリハーサルが始まった。

訓音さんもブログに書いていましたが、壇上からみる風景はちょっとすごい。
しかも演奏が揃っているか、揃っていないかがすぐ分かる。特に自分のお弟子さん達の事はすぐ分かる(たまたま前の人に隠れていたりするとラッキーと思っているはず)

リハーサルへは男性1名、女性5名で参加。
女性陣は五木公演に初めて出演する方が多いため、どれだけでもお稽古をしてもらいたいと思い、今回のリハーサルへ参加するようお願いした。
通常のお稽古と違って人数も多いし、時間も長いし、注意ポイントも“はっ”とするような箇所があっただろうし、かなり力をつけられたのではないかと思う。これを忘れないようにお稽古に励んでもらいたい。

さて、藤秋会はお稽古は厳しく、お酒を飲むときは楽しく、ノミニュケーション万歳!!
訓成会も帰りの車の中から“シュポッ”。高山到着後も、お稽古場の近くに最近オープンした台湾料理のお店へ!!偵察のつもりで入ったお店だったが、思っていたよりお料理が美味しく、しかも価格もやすい。ギョウザ200円、ありえんです。

そんなこんなで、盛り上がっていたら、店長が1品サービスしてくれた。また盛り上がり、みんなでまた来ようね~と約束をして解散した。

公演前に着付け美容の練習会をする予定なので、その帰りでも予定してみるかな。

反省会

五木公演!
左前から【成明・成浩・早川】左後から【成信・成藤・漆山】

五木公演までもうすぐ!!また全国の藤秋会の皆さんにお会い出来るのを楽しみに頑張っています。それでは11月にお会いしましょう。御家元宜しくお願い致します。
初稽古

またスモック着たまま・・・と写真を撮ってから気づいた。
パジャマに着替えるまで着ている時もあり、よほどスモック好きなのかと思われる(笑)

さて、今年も子供達のお稽古が始まった。
今日は太鼓のお稽古。上の子は真剣、下の子は真似をしようとカンニング中。いつかご披露出来るように頑張ってだましながらお稽古に励みたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
写真整理

保育園のお遊戯発表会までもう1日、インフルエンザにかかった下の子と、まだかかっていない上の子を別々の家に寝かせることに決めた。
当然、私はインフル菌たっぷりの下の子と二人でお稽古場に泊まった。

下の子は熱も下がらずお薬も効いてきたか、意外に早く寝てしまった。
お稽古場にいるとやることが沢山ありエンドレス。だいたい徹夜の女になってしまう。

子供が元気ならビールでも飲んで、となるのだが、何が起こるかわからない。別の部屋で仕事しようかと思ったが、昼間の内から、寝ていると思っているとぱっと目を覚まし私の姿を探しに走ってくる。それではお互いに良くない。

すごく悩んだ結果、子供の近くで何年もたまった写真の整理をすることにした。
出てくる出てくる。『こんなことあったかー』『えー若いー』『やせてるー』色々思い出した。

しかし、思い出にどっぷりはまって、なかなか整理出来ない。
写真もサイズが様々。まず、大きな写真をアルバムに・・・・もう2時。

朝、子供の症状がどう変わるかわからないので写真整理は断念して床についた。
写真整理も掃除と一緒でこまめに整理整頓。

気持ちも整理整頓。
なんと、自分のアクセスで訓成会ブログアクセス回数7777回のぞろ目になってしまった。
嬉しいような、申し訳ないような・・・・複雑な気持ち。

さて、さて、30周年に向けてお弟子さんの指導にあたっているが、今回の指導のポイントを自分なりに考えている。

大勢の演奏者の中で個人の演奏をどこまで引き立たせられるか、結構難しい。
しかしお弟子さん達には自分が舞台で津軽三味線を弾いたのだ!という心に残る舞台を踏んでもらいたい。

私は結構地味なお稽古が好きなので、他に紛れて身を隠せる部分、結構簡単に弾いてしまえると思い込んでいる部分、ここに指導のポイントを絞ってみた。

簡単だとは決して思っていないが、先ず最大の隠れ身の術!!『かまし』

これは隠れがいのある術ですよね。
先日訓成会のお稽古の時、何か変だなーと思いながらも、技術的に難しい部分の指導を行ってしまう。いつも気になっていて、たまに指導するのだが、『頭では解っているが手が動かないのです』とザクザックッと斬られてしまう。


かましは手の動きが速いため、自分が今どの音を出しているのか、どこをどのタイミングでツボを押さえているのか、一音、一音確認出来ていない。その為右手と左手のタイミングがずれてしまい違う音になってしまう。
他にも手が細かく早く弾かなくてはならない曲などは、最初から早くは弾けないのだからゆっくり練習する。今自分はこの音を出している、弾いているのだという意識をはっきり持って弾くと良いと思う。


今回は斬られても斬られてもしつこく指導してみようと思っている。
ましろの音
とうとう、来ましたよ。津軽三味線マンガ『ましろの音』

先日、成信さんから教えてもらった、津軽三味線マンガ、結構面白い。

どうだろう、どちらかと言えば三味線を弾いていない人より、弾いている人の方がのめり込めるかもしれない。

主人公の『雪』は青森から東京へ津軽三味線を片手に単身で上京、物静かで、人との関わりを苦手とし、ちょっと母性本能をくすぐる感じ。
そこに現れるは同じ高校に通う天真爛漫な女の子『朱利』目がキラキラしてカワイイ(マンガに出てくる女の子は大体目がキラキラしているんだけど)雪との関わりはなく、彼女自身も高校の津軽三味線愛好会に所属し地道に活動している。

他にも豪快な雪の母親『梅子』、年の割に老けている雪の兄『若菜』、雪の下宿先の娘『桜』、ちょっと気になるのが雪が通う高校の美人教師『小藪先生』。

今後この二人がどうなって行くか、楽しみ!
コミックは成信寄贈にて訓成会お稽古場にあります。ご自由にお読み下さい。
【月刊マガジン5月号から新連載】
先週の土曜日、ようやく訓成会の皆と30周年公演を振り返り楽しい時間を過ごしました。
糸巻き事件もありましたが(笑)それぞれに意義のある公演になったようでした。

来年の鹿児島へ向けてまた新しい曲が弾けるように、地道に頑張って頂きたいと思います。
皆様どうぞ宜しくお願い致します。

【写真:前列左から早川、谷口、諸屋、後列は平畑のレディース組】
打ち上げ1

【写真:左から成勝、成徹、吉本直樹】
打ち上げ2

【写真:左から成浩、成藤、成明、成信】
打ち上げ3

おまけ・・・二次会から内海先生が合流、成勝と意気投合!ニューハーフショーへ行ってからお互い見る目が変わったと大盛り上がり。また別の路線で訓成会の楽しみ方を知った成勝でした。
心配していた台風も日本に上陸せずだいぶ逸れて行ってしまった。
寒いのに台風って・・・異常気象ってことでしょうか。

さて、台風が来たとしても中止にはならない訓成会の『上海万博公演中止残念会』は決行します。

先日、口角に出来たヘルペスを成明さんに診てもらったら『ストレスと疲れですね』『土曜日はストレス発散しましょう!!』との診断を頂いたので、真面目にストレス発散したいと思いまーす(笑)

それから今日は久しぶりに会えるお弟子さん、元お弟子さん(?)が来てくれるので楽しみ!!

さーて、藤秋会の提灯を持って行ってきマース!!高山へお越しの際には藤秋会提灯探して下さいね!
この模様はまたブログアップします!お楽しみに。

藤秋会提灯

【藤秋会提灯がつり下がるお店です・・お世話になります】
樹
またもや、久しぶりのブログアップです。

『川中美幸お正月公演もお陰様で千秋楽を迎え、1ヶ月間支えて下さった皆様には心より御礼申し上げます。
川中美幸さんに成り代わり・・・・って訳ないよね』(笑・・・これは美幸さんのネタです)

心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

さて公演では川中美幸さんの女性らしいお心遣いをたっぷり受けさせて頂き、大変勉強させて頂きました。毎日の公演も明るく楽しく立ち振る舞う川中さんを心から尊敬します。

そんな川中さんの舞台も終わり、私の大切な家族と、お弟子さん達が待つ高山へ戻ってきた。
寒くて一気に風邪を引きそうな勢いですが、IWAKIのメンバーと同様、すぐにお弟子さんのお稽古が待っている。

高山で待つみんなにお土産を買って帰ろうと、御園座名物“最中アイス”を御園座から宅配してもらい、私の独断と好みで“バニラ”と“抹茶”のアイスを選んだ。

昨日は、合同稽古。寒い寒い高山だけれど、“最中アイス”喜んでもらえたようで良かった。残念ながらお稽古をお休みされた方は次のお稽古には必ず来て下さいね(笑)

御園座最中アイス