藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 五木ひろし御園座共演
【写真:栄真ハウスから眺める朝日】
ウィークリー1

11月1日から始まったウィークリーマンション生活。
私、訓友さん、栄真さんの3人は3LDKをシェアし、主婦の新しい生活が始まった。

御園座からは歩いて3分ほど、マンション下には、中国料理の天山、老舗のマッサージ屋の富士マッサージ。付近にはコンビニや居酒屋が軒を連ねている。

幹部会で、ウィークリー係に任命された私と訓友さんは、すこしワクワクしながら、他のウィークリー物件を下見した。
訓友さんのご主人はたまたま不動産会社にお勤めので、彼女にも部屋の物件など専門知識も少しあり、ノリにのった下見になるはずだった。

が、しかし2人とも名古屋の土地を知らないため、結構道に迷い、しかも建物は見つかったのに入り口が見つからないという最悪の事態に見舞われた。
恥ずかしながら業者さんに電話をし何とかその場を乗り越え、備品の確認をし我が家に戻った。

その物件は後に【栄真ハウス】【峯ハウス】【宗男ハウス?】となる。
つづく
ウィークリー5

さて夜も明け、酔っぱらいの声も聞こえなくなった頃、それぞれがもぞもぞと起床。

一番に起きるのが、栄真さん。
二番目に起きるのか、私。
三番目に起きるのが、訓友さん。

だか実際に一番早く目覚めているのは、訓友さんなのだ。
一緒に住み始めてから、訓友さんは超低血圧だと知った。

だから私達が起きる前から、起きた時の私達のテンションに合わせるため私達より早く目覚めベットでゴロゴロ、コンディションを調整していたのだ。

私や、栄真さんなんかは二日酔い以外は、目覚めたときからふつーにしていられるので、訓友さんの努力を知りえらいなーと思った。

朝ご飯は、栄真さんが支度してくれる。
栄真さんは、朝ご飯に、お米と味噌汁がないと一日が始まらないという方で、私達もそれに乗り遅れることなく、毎朝ありがたく朝食を頂いた。

そして皆が食卓に着くと、食べている先から大笑い、満点大笑いが連発。
大笑いは毎朝だが、満点大笑いがたまに出る。だいたい訓友さんからの出展。

訓友さん:『成先生、聞いて下さいよ~』
訓成:『なに、なに?』
訓友さん:『私って、いつも舞台のひな壇の端に座らせて頂いているじゃないですか~』
訓成:『そうだね~、上手がおおいよね』
訓友さん:『それがこの間ひな壇をおしてくれるスタッフさんが、声を出して『よっこらしょ!』って言ったんですよ』
訓成:『そりゃ、よっぽど重かったんじゃないの?』
訓友さん:『そうなんですよ、周りを見回したら、上手ひな壇に私でしょ!晃輝さんでしょ、!栄真さんでしょ!』
訓成:『おー!上手に揃ってるね(笑)』
訓友さん:『そしたら、御家元も同じひな壇だったんですよ!』
訓成&栄真:『揃いすぎーーーー!』満点大笑い。

御家元すいません。どうしても書きたくて・・・すいません。
つづく
栄真ハウス1

さてさて、公演も数日経った頃、出演中の会員さん達にもウィークリー生活をしているのが知れ渡り、皆興味津々だった。

私が知るに、一番先に訪れた人は“峯勢”さんだったと思う。
その後、御家元、奥様、訓栄さん、訓栄会のみんな、県外から来ていた兄弟弟子。思いの外、多数の皆さんが訪れてくれ私達はホームシックにかかる暇が無かった。

しかし私は、連日のように公演後御家元のお供で出かけており、いつもみんながもう寝る頃または、寝静まった頃に帰宅するパターン。

いつものようにマンションの1階エレベーターフロアーで、知らない人だがこのマンションの住人だろうと思われる人と話をしていたら、どこからか

『成さん!成さん!!』と呼ばれた。誰だーぁーーー!

おもむろに声のする方を向いたら、峯さんじゃないかーー!!
富士マッサージの裏口から顔をのぞかせて、手招きしている。

訓成:『なんでー分かったの-?』
訓峯さん:『声で分かったよー、一緒にどうですか?』
訓成:『うん、部屋に荷物置いてすぐ行く!』

そして富士さんに行ってみたら訓架さんもいた。既に終了しソファーでお茶を飲んでいた。峯さんと一緒に来たのかと思ったら、別々に入店。大人気の富士マッサージさんです(笑)

その後も1度お邪魔した。
その時は、私がマッサージをうけている最中に、出張マッサージから帰ってきた女性が 『御園座で津軽三味線を弾いている鹿児島から来てる女性のところだったよ』 『来年5月に芸術劇場で30周年公演やるんだけど、是非来て下さいだって』

おーーーそれは!!、鹿児島から来ている2人のうちどちらかだなー。
すぐさま、その人は私の身内だと言うこと、その女性にそれはどんな雰囲気の人だったかを聞いた。
どう考えても“訓葉”さんだった!!。来年の宣伝までしてくれてありがとう!

次の日、本人に話したら『いやー、肩が痛くてー』とマッサージをお願いしたそう。
皆、疲れがたまり、やはりマッサージにヘルプ。
そのまま寝られたらもっと幸せだが、都会のオアシスでリフレッシュ!マッサージ大好き!。
つづく
【写真左から:訓友さん、峯勢さん、栄真さん、前が栄雅さん】
栄真ハウス2

そんなこんなで、少しずつウィークリー生活も楽しくなれてきた頃に3軒あるウィークリーマンションに名前が付いた。

名付け親はやはり御家元。ネーミングの才能もピカイチ!!
御家元がリハーサルの時間を利用して、それぞれの席の向かい三軒両隣を知り、ご挨拶をして自分の周りに何処の誰べえかを知らせ精神的に安心してもらおうというコンセプトで、『2分間のホッとタイム』を設けられたり、毎日毎回の出演者を個人個人紹介するコーナーでは、ほぼ完璧に直弟子から、孫弟子そしてその家族のことまで(記憶にのこしてみえるのが本当にすごい)お話しをされる。
あるお弟子さんなんかの紹介では、最寄り駅からその方のご自宅までの道のりを細かく説明された、当然住所番地まで見事に当たっている。

そのご紹介の時に、私達の暮らすウィークリーマンションの名前が突然決まった。
私達のマンションは『栄真ハウス』訓峯会さん達のマンションは『峯ハウス』そして、矢場町にあるマンションは『宗男ハウス』(後にみやもとすずえハウスとなる)
公演中はの出演者紹介の時間には、よく話しに出させて頂いた、ちょっとした有名人となったのである。

ウィークリー同志のメンバーとの交流もあったが、県外からみえていたホテル住まいの兄弟弟子も、よく栄真ハウスで宴会をしたそうだ、私はほとんんど外に出ていた為それに参加したのは1回、ちょっと残念。

そして、長かったような短かったような、五木公演も終盤。つづく
【写真左から:保利さん、御家元、訓音さん、訓菊さん】
ルリカケスに打ちのめされる前・・・この後は・・。
ルリカケス

そして、この度藤秋会の宿泊関係を全て御世話下さったのが、御園座の保利さん。
細部にわたり丁寧に対応して下さいました。本当に頭が下がります。

更に、藤秋会が初めて御園座さんに御世話になった2000年のミレニアムコンサートから、保利さんは私達藤秋会の成長を見届けてくれていた方だった。
御家元、幹部、会員さん達を囲んで保利さんが当時の、藤秋会の印象や感想を述べてくれた。

200人がひな壇に座り津軽三味線の演奏、そこに雪が降ってくるあの光景は体の震えが来るぐらい感動した、忘れられない光景だった。と、おっしゃた。

皆、目に涙がじわじわ・・・。
訓菊さん、涙がホロリとこぼれた。その後は保利さんと当時の事務局の思い出話をしていたようだった。

御家元も、公演のプログラムや、ホームページの藤秋会30年の歩みや賞歴を見て、たまに『俺がやってきたことは凄いんだなぁ』とつぶやいていたことを思い出した。

御家元までは到底いかないが、私も御家元に弟子入りさせて頂いてからもう20年、結構他には負けない年月を藤秋会と共に歩んできた。色んな事があったなー、と。

年末、雪が降っていると、しんみり人生を振り返る時間が増えてしまう。雪国の特権でしょうか(?)

今夜は御家元のように雪見稽古はないが、訓成会の忘年会。
たまにはワインで(何を?)忘れてしまおうかな。

でも保利さんのことは絶対忘れないからね、ありがとうございました、来年も宜しくお願い致します。
先日ラジオ放送を聞いていたら五木ひろしさんの声が聞こえてきた。

新曲のPRのようだが、御園座における津軽三味線の話の方が耳に入ってきた。そこでパーソナリティーの女性が津軽三味線の演奏を高く評価し興味津々、いろいろ質問をしていた。
五木さんは特に調弦の重要性を語っており、その話の内容もふむふむとうなずけるものばかりだった。

そう言えば、昨年武道館へ行っていたときに御家元から『来週東京の五木さんにお稽古に行ってくれないか』と言われた事を思い出した。

お稽古と言っても・・・・。
『一緒に弾いてくれたらいいから』と言われたが、全く検討がつかない。しかも五木公演間近でスケジュールが詰まっている間を縫っての東京日帰り。一人でやってのけられるか。

今までの経験上、何が起こるか分からない。やはりここは何かの時のバス移動。
そして、パートナー同伴の上京となった。

東京タワーまでの道のりに問題はなくスムーズに移動。
そこからが時間の読めない世界へ突入。

いつも舞台監督でお世話になっているシュン君に到着の電話をし、東京タワー真ん前のスタジオの前で待つこと20分。ようやくシュン君と金沢さんとご挨拶が出来スタジオの中へ。
《次へ続く》
さて、今だから言えるが、その日丁度新曲の打合せをされていたようだ(内緒にねって感じだったので誰にも言わずにいた)
五木さんを待っている間にシュン君から『一般的にお稽古はどれくらいの時間されるのですか?』と聞かれ、帰りのバス時間18:30を頭に置いて、1時間ぐらいと答えた。

しかし16:00のお稽古予定だったが、五木さんがスタジオに現れたのが17:00。
帰りのバス時間に間に合うか心配だったが、世間話をしながら、お稽古に入った。

しかし譜面が無い。私も持ってきていない。暗譜されているのだろうか?いや、最初から譜面など無い状態で相手の手を見てお稽古されていたようだ。昔の教わり方ですね。
御家元に言われたように、虫のソロ部分、藤秋会と一緒に演奏される部分を何度も一緒に弾いた。

やぱりスーパースター、音の正確さは素晴らしい。三味線に譜尺も付いていないのにほぼ16や19のツボをピタリと当てる。しかし、たまに左手の移動やバチの使い方が私と違う箇所があり、そこを何度かお稽古した。

特にスクイと押しバチの部分だった。
今まで全部の音を叩きばかりで鳴らしていたのだろうか。それもそれで凄いこと!!

小休憩はしたものの、1時間程で終了する予定が1時間半もお稽古してしまった。
お稽古に集中してしまいもうすっかりバスに間に合わない・・・・・・。

私達が名古屋からお稽古に来てくれたと思っていらしたようで、高山からと聞いてびっくり!私とパートナーには五木さんご本人から労いのお言葉を頂きました、大変光栄なことでした。
また来月お世話になることのご挨拶をしてスタジオを出た。
スタジオを出たところで、シュン君から私のパートナーが今、えらいことになっていることを聞いた。
バスの時間変更が電話では出来ず、新宿のバス窓口まで行かなくてはならない事が解り、猛ダッシュで先に行かれましたと・・・・・。

私も早速追って新宿へ。
しかもこの時間が無いのに、道に迷って新宿駅をぐるぐるしたりして余計に疲れることをしてしまった。
そしてようやくパートナーに会えたとき、『こんなに猛ダッシュしたの何十年ぶりか、もう疲れた!』とボロボロになっていた。

そんなボロボロな2人はもう覚悟を決め最終バスの予約をし、その時間までゆっくり食事をすることにした。
バスターミナルの前にあった居酒屋に入った。

お互いを労い一時疲労回復をはかり、最終バスに乗って松本へ~安房トンネルを抜け高山へ。
午前様の到着、ありがとう、お疲れ様。

新宿
五木ひろし

もうすでにご存じのことと思いますが、先日御家元の代わりに五木ひろしさんのお稽古へ行って参りました。
恐れながら、2度目のお稽古をさせて頂き、大変緊張致しました。

前回は東京、今回は名古屋、何度も出演させて頂いた御園座さんの会議室にてお稽古開始。

前回と同様、向かい合わせの昔ながらのお稽古で、譜面は無し、音と私の手を頼りに何度も繰り返しお稽古をされた。
しかも私の演奏を五木さんご本人が携帯電話で録音、多分その音源でお稽古されるのではないかと推測。後で御家元に確認して大丈夫だったけれど、『演奏間違ってなかったかなー』と思ったりして、お稽古していたときより緊張してしまう。

今回は、バチの使い方を重点的にお稽古。
ご本人もバチの扱いに大変興味をお持ちで、おしバチやスクイの奏法を私なりに説明出来たと思う。
『チリトチチン、ですよ』など口三味線も交えながら私の普段のお稽古感も出せ、1時間半のお稽古は終了。

その後、五木さんとツーショットでパチリ!!
改めてよく写真を見ると私は顔が丸い、肉がつきすぎ・・・・と問題点は沢山あるが、この写真は大切にさせて頂きます、ありがとうございました。

帰り際に『もっと基礎からお稽古したらな・・・』ってつぶやいてみえた。三度目なるか!!と、冗談ですが、このような機会を与えて下さった御家元ありがとうございました。
2011五木ひろしコンサート
鹿児島に続き、五木ひろしコンサートへ突入。

訓成会からは私を含め3名出演させていただきました。
久しぶりの100名の演奏。また演出がすばらしい、明かりがついた瞬間客席からは『うをー』『わあー』とのどよめき。どうもありがとうございます(笑)

しかし、先月五木ひろしさんのお稽古に行かせていただいた時に、五木さんの右腕が折れていたとは・・・数日前に骨折していながら1時間のお稽古をこなし、全治2ヶ月と診断されていながら、御園座公演も大盛況の舞台となった。
私もプロの端くれとしてそのすござを目の当たりにし大変勉強になった。

またご一緒させていただける時が来るまで、ステップアップできているように地道にがんばります。
ありがとうございました。
【左から:早川、訓成、内海】
2011五木コンサート3
蝉の鳴き声が響き渡る暑い高山です。今日も残暑厳しい一日になりそうです。

さて、昨日は御園座にて9月の五木ひろし公演のリハーサルが行われ、訓成会も出席しました。急な曲の変更もありましたが、それなりに対応出来たようです。家元のご指導の賜です、ありがとうございました。

さて、五木公演では毎日50人程のメンバーが入れ替わり演奏するため、そのクオリティーにムラが無いように調整しなくてはなりません。演奏曲は今まで弾いてきた曲ですが、そのクオリティーを少しでも高くできるように細かい指導を頑張りたいと思います。

9月、皆様のご来場を御園座でお待ちしております。

20120819決起大会
大変ご無沙汰しております。
5日から始まりました御園座さよなら公演『五木ひろし公演』で、訓成会も出演させて頂いております。連日、メンバーが入れ替わり51名以上の演奏者が御家元の指導の下毎日奮闘中です。

訓成会第1陣は、リハーサルから昨日まで勉強させて頂きました。今日明日はお休みを頂いて月曜日からまた頑張ります。皆様、御園座でお待ちしております!!

【訓成会女性陣頑張ってます!!リハーサルは早川さんも一緒でした。左から成駒、私、成純、成扇。】
2012五木公演1

【藤秋会若手大学生!!頼もしいですよ。左から訓栄会の啓太君、薩摩藤秋会の訓平くん】
2012五木公演2

【京美さんから頂いた自家製のキュウリのQちゃん、子供に大人気、ごちそうさまでした!!ありがとうございます】
2012五木公演3
ご無沙汰しております。
今日は休演日、何もせずゆっくり過ごしたいと思うが、思うだけ。朝は子供達の送り出し、しかも宿題をやり忘れたようでいつもより早く起こしてとの手紙を発見。掃除に洗濯たまっている作業や仕事の処理と来週の段取り。

そして忙しい中、御家元には今週も土日をお休みを頂き、明日の子供の運動会のお弁当の買い出しと仕込み。平日寂しいのを我慢して頑張っている子供達の為、お母さん頑張ります!!
運動会のお弁当何が食べたいか聞いたら『オクラにベーコン巻いたやつ』・・・・そんな冷蔵庫にある『あるもの料理』で良いのか!?と・・・。食べたいなら作るけど・・・って感じです。来週も保育園の運動会、1日休みを頂き保育園最後の運動会、またお母さん頑張ります!!

昨年も運動会最後まで声を出して応援したら、喉がガラガラ。自分の子供も当然ながら子供達が頑張る姿を見るのは元気をもらえて、涙が出ます。
大人になっても全力で頑張る姿勢を忘れてはいけないな、と思う瞬間です。私も御園座、来年の夢舞台2013、全力で頑張りたいと思います。頑張りすぎて空回りって事もありますが・・・そんなときは息抜きが大事。

訓成会は18日から訓成会女性陣が2回目の出演をさせて頂きます。訓栄会さんや訓峯会さんの様に大勢のお弟子さんの出演は無理ですが、お化粧、着付け、演奏、のレベルアップを心がけて残りの舞台に望みたいと思います。

御園座では毎日沢山のお客様にお越し頂いて、お芝居や、五木さんの素晴らしい歌声、そして藤秋会の津軽三味線大合奏を楽しんで頂いております。まだまだチケットは好評発売中です。是非お越し下さい。

【13日は早川さんが出演させて頂きました。京令さんとツーショット】
2012五木公演4

【22日に出演予定です。昨日舞台化粧の練習しました、頑張ります!!成藤、成浩、成信】
2012五木公演5