上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2009年09月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回ワラをもすがる思いでお願いしたジャズピアニストは
中村紳一朗さんで、プロ生活32年、有名歌手のバックバンドやホテル、クラブ等での演奏、TV、映画、CMなどの作曲、アレンジやスタジオミュージシャンとして東京で活動。17年前帰郷され高山を中心に活動しておられます。

とうとうこの日がやってきた、演奏会場はお客様でいっぱい。

ピアノとコラボ1

しかし!はじめて合わせる曲もあり、更に中村さんはアドリブ演奏がほとんどなので、曲のイントロや内容も毎回違い、あれ?どこから演奏するんだっけ??
私はだいぶ慣れてきたが、訓栄さんは????となっていた、頑張ってェ!!
佃さんは中村さんとのアドリブ合戦を見事に戦い終えた。お二人ともありがとうございました。

IWAKIの曲、コラボ曲、1部、2部全12曲、何とか大盛況にて幕を閉じることが出来た。

お客さんは大満足、お声をかけて下さった、高山グリーンホテルの新谷社長様、お世話下さった井関様、そしてご縁がありご一緒させて頂いた中村紳一朗さん、佃さんの親友たなかつとむさん。ありがとうございました。

皆様のお力をお借りし、藤秋会IWAKIの魅力を発信できたのではないかと思います。今度はIWAKI全体で演奏してみたいです。またその時は応援して下さい。

ピアノとコラボリハ2
関連記事
スポンサーサイト
その時、高山の地元情報誌にジャスビアノ生徒募集の広告を見たことを思い出した。

「津軽三味線とジャズは似ているんだ」という言葉を思い出し、よし、当たって砕けろ!!!!!!
そこで主人に相談し、先方にすぐ電話した。

こちらの素性と、状況を説明しお願いしたら意外とすんなりOKがでた。
しかし、会ったこともない、しゃべったこともない人間同士、お見合いなら断りもできるがもう後がない。

やっぱり出来ないからと断ってはもらえない。

ドキドキして1週間後、初めてのリハーサル。
音源を渡していたはずなのに、まだ聞いていないと・・・・。リハーサルなのに、しゃべってばかりで本当に出来るのだろうか??心配度数が上がった。

更に3日後、少し形になってきた。でもまだ手がけていない曲もある・・・・。
また色々しゃべって心配度数またまたアップ!

そして2日後、徐々に煮詰まり、これで本番にのぞめんことはない ところまできたが、心配度数は上がりっぱなし。

しかし、本番2日前連絡を取った時 『昨日は寝ずに楽譜を書いたよ』 と言われて、とても嬉しかった。
昔から三味線にとても興味があった話も聞き、その流れで今回の突然の仕事も受けて下さったのではないかと勝手に思っている。

他のメンバーは私のことを心配してくれていたが、そんな電話のやりとりで一気に心配度数は下がった。
関連記事
終わった・・・・。

2週間前に、出演予定のピアニストが替わった。やむを得ぬ事情で仕方がなかった。

メンバーにも了解をして頂き、昨日 『ピアノとコラボ』 の幕が上がった。



この3ヶ月で『ピアノとコラボ』に向けての活動はとても勉強になった、そのお陰で今回のイベントを最大限盛り上げられたのではないかと思っている。

私は五線譜は何とか見られるが、シャープ#やフラット♭が何個も付いているとお手上げなので、譜面通りにピアノの音を録音してもらい、それを聞きながら三味線譜に書き換える。
弦楽器と鍵盤楽器では指の動かし方が違うのでピアノでさらさら~と弾けても、三味線ではさらさら~とはいかない。

弾いてて気がついたのは、さらさら~の代替奏法はスリでは?
何となくそう思っているが、スリ以外にも良い手段があるのでは・・・勉強していきたい。




さて本番2週間前にピアニストを変更する決断をしたが、あてがなかった。

もしあてがあっても、何ヶ月も前から打合せやリハーサルを重ねてきた事を2週間で仕上げてもらえるかどうか確証はない。

色々考えて時間だけが過ぎる。

関連記事
内海先生

さて、世間では新型インフルエンザが流行し、いつ我が身にその危険がせまってくるかわからない。

しかも、うつる人とうつらない人といる。

とても大きな賭だ、私には2人子供がいるが、熱が出たと保育園から連絡があると『新型インフルエンザでは?』と皆がかまえてしまう。昨日も下の子が熱を出したため天満屋金斗斗先生に診てもらい、検査の結果陰性のため胸をなで下ろした。

そんな中、大勢の患者さんをかかえ日々流行病と闘う先生をご紹介します。国立病院機構名古屋医療センター副院長、感染症専門の内海眞先生です。
内海先生は広小路酔臓先生と同期でたまたま高山に転勤されたときに藤秋会をご紹介下さいました。

今は月に1回名古屋からお仕事に合わせて三味線のお稽古に高山まで通われています。大変な事です。しかしそんな大変な事をやっていらっしゃのも、高山を大変気に入っておられるからなのです。本当に嬉しいことです。私の友人の旦那さんもお世話になっております。ありがとうございます。

さて、しかし、お仕事を離れても変わらないジェントルマンと名高い内海先生、広小路酔臓先生と並んで 『もてる』 のです。
毎年恒例とさせて頂いております訓成会のイベントには黄色い声を上げる職員さんからの大声援、誰のファン!?私のファンではないことは確かだ・・・。最近その黄色い声の方が誰かが判明し今年はしっかり覚えました(笑)

先日の家元総見でも盛り上がりましたが、内海先生はお仕事で毎年アフリカのケニアに行かれる。

詳しいことは説明できませんが、御家元ともケニアに同行する話になっていました・・・・・ケニア支部を作るとか何とかかんとか・・・。

ケニアへは丸一日以上かけて移動するようです。ブラジルも遠いと御家元の奥様から聞いたことがありますが、それ位でしょうか???検討がつきません。

人類のルーツを知るにはケニアへ。いつか私も行ってみたいなぁと思います。
関連記事
御家元の総見会が終わると、いつもの 『ごっつおや』 へ、レッツゴー!!

御家元を囲み(御家元には大変失礼なのですが)少し遅れてくる方を待つまで 『リハーサル』 と称し1度目の乾杯が行われる。次々にメンバーが揃い本番の乾杯。

生ビールのグラスはカチンカチンに冷え美味しいビールをぐいーっと。

訓成会総合病院のメンバーは何と切り出してくるだろう・・・・・様子をうかがう。

もうほとんど覚えていないが、御家元のブログにもあったように電磁波の問題や、世界陸上の性別検査の問題など、他の諸問題??も大いに議論し意見を交わしました(笑)ケニアのお話しも・・・。

御家元には毎年、わざわざ高山までお越し頂きご指導頂きます。ありがとうございます。孫弟子会のお稽古ではなかなか指導できないこともあり、私もお弟子さんと一緒で大変勉強になります。

またお稽古後の話題をストックしてお待ちしております(笑)
関連記事
今日はいつもより早起きをして、高山市自主防災訓練に参加した。
しかし本当に災害にあうときは早起きなど関係なく、突然やってくる。

訓練は地元町内にあるポンプ、ホースの場所確認や、使い方。その後指定避難場所へ向かう。

私が住んでいる町の指定避難場所は南小学校(高山市民文化会館の隣)だ。
再来年、上の子供が通う予定の学校なので、その予行練習の気分で歩いて行った。

がしかし、現地へ着くとそんな楽しげな気分とは全く違い真剣な訓練をされていた。
とても大がかりで、災害に際し出動するであろう車両は全て揃い、ヘリコプターでの救助訓練も行っていた。
私たちは決められた場所で、はじめて見る災害用車両やその作業などを見てとても勉強になった。

今日は子供2人、大人5人で訓練に参加したが、子供はだんだん飽きてきて、急に靴下のままグラウンドを走り始めたり、お腹が減ったとだだをこね、ようやく落ち着いたと思ったら『トイレ』・・・・。
これもまた訓練と思い、子供のわがままも叱りながら、炊き出しを待った。

そうは思っていたが、飲み物や食事の配給は我先に!!となってしまい、本当に災害に合ったときにはもっと大変なんだろうと思った。特に家族の多い家庭は大変だ。配給物資も一度では持てないから二度三度足を運ばなくてはならない。何度も行くと『さっき渡したんじゃなかったっけ?』って顔で見られるし。

今回、家族で訓練に参加して良かったと思う。

それから、この訓練に参加して必要だな、と思ったのは(私が無知なのかも知れないが)、スーパーの袋や布袋。配給される物資をまとめて運べる。
もうひとつ、ご近所さんを知る。近所に住んでいても普段関わりの無い人がいる。災害時に身分証明を持っていても日頃のお付き合いが無ければただの紙切れ。知らない人になる。

訓練が終わり、高山市長のお話を聞きながら下の子供は疲れて私の背中におばれて寝てしまった。それを運ぶのもまた訓練か・・・・。

災害の時は皆で助け合える世の中でありたいと思う。
関連記事
孫が持つ孫の手杖

毎日が新しい発見と、希望に満ちた子供達。

私が仕事の為、子供達を私の母親に預けることが多い。私の知らないところで、知らない遊びをして、とっても楽しんでいるようだ。

母親は私がいない間、子供達が遊んでいて面白かったことを話してくれる。
昨日はちょうどその場面に遭遇し写真を撮った。

下の子は孫の手を2本持って『シンケンジャー』、上の子は大ばあちゃんの杖を持って『プリキュア』、思い思いの遊びを工夫して、張り切っていた。

この遊びは、いつまでも続くことはないが、とっても滑稽で、和ませてもらった。
関連記事
成浩さん

私の一番弟子を紹介します。
私よりずっと若く見えますが、5歳ほど先輩です。奥原徳浩さんこと、加藤成浩さんです。

一番弟子というのは、なりたくてなるものではなく、いきなりなってしまうので注意(笑)

とはいえども、やはり成浩さんは訓成会では皆より一目を置かれており、総合病院の先生方からも大変頼りにされております。最も私がそうなんですがね。

さて、成浩さんは三味線の他に、チェロ、ベースギター、沖縄三線、果ては作曲まで手掛ける超音楽肌。楽譜を見ればサササーッと弾いてしまします、頼もしいでしょ?

しかしもっと凄いのが、お勤めが高山市役所で郷土文化財等の歴史や民俗学を専門にされており、高山市からも一目置かれております。

色んなお話しをお聞きしましたが、最近驚いたのが飛騨地域(高山市・飛騨市)の全ての神社を一つ残らず訪ねて歩き、系統や儀式の内容それに伴う鳴り物の音楽、全ての資料を持っていること。本人曰く『これだけの資料を保有しているのは、私だけかもしれない』とのこと。

しかも仕事ではなく、ライフワークとしてやられているのが凄い!でも、そのうち仕事にも還元される事もあるかもしれませんね。まだまだ奥深い成浩さんです。

3年前ご結婚され、素敵な奥様と仲むつまじく過ごされております。理想のカップルですね。
先日の『ピアノとコラボ』にもお二人で遊びに来て下さいました。ありがとうございます。
関連記事
先日のブログでも書きました高山市自主防災訓練では、町内会長(私の自宅のある近所なので)の天満屋金斗斗さん(成明さん)が、町内の代表として放水訓練をしました。
興味津々(笑)頑張って下さいました。頼りにしてます。

成明さん放水
関連記事
平畑さん

さあ、今日は高山市久々野町で『平畑電気』を営まれております、平畑好子さんをご紹介します。

彼女は日本舞踊教室に20年程通われ、礼儀作法を良くご存じでいらっしゃいます。
私としても良き相談相手、理解者として頼りにしています。訓成会10周年記念公演の時は本当に骨を折って下さいました、感謝しています。

そんな彼女ですが、実は家庭婦人バレーボール連盟飛騨地区の副会長の役をお持ちで、一昨年は五十路全国大会で3位を獲得!!かなり強いチームです。
そんな活発な彼女なので、商工会議所女性部の部長や地区会長も務められ、またそこでも頼りにされていたようです。よく分かります(笑)
現在は退任され、彼女の地元、NPO法人 ふるさと くぐの 副理事でくぐの町を元気にするグループを結成しまた新たな活動をされているようです。

藤秋会でも一度久々野町のお祭りに津軽三味線の演奏をさせて頂きました。その頃はまだ習いたてで一緒には演奏できませんでしたが、今度機会があれば一緒に演奏したいですね。

こつこつ地道にお稽古を続けられています。バチ付けもずいぶん良くなりました。

先輩として、これから新しく入会される方にも、優しく厳しくお願い致します。
関連記事
谷口さん


さあ、今日は元教職員の谷口純子さんをご紹介します。

彼女は藤秋会へ入門される前に数年他会で勉強されておりましたが、熱いラブコールがあり、現在は訓成会に在籍しております。
まだ2年ですが、進みが早く、昨年の訓成会10周年記念でもその腕をご披露出来ました。

右も左も分からないまま大きな会に突入してしまったので 『なんてこき使う会なんだ』 と思われたに違いありません。がしかし、元教職員の血がよみがえったかのように、どんどん段取りをされ、スタッフーをまとめ上げ、同期に訓成会に入られた諸屋さんも元同僚だったので、二人でぐいぐいと引っ張って下さいました。大変助かりました。素晴らしいコンビネーションでした!!感謝です。

その彼女は、他に、ママさん合唱団 女声合唱 『さつき』 のメンバーで合唱もとてもお上手です。

特に懇親会のカラオケなんかは、彼女にたくさんリクエストがあり人より多く歌わされています。ノドの調子が悪いときは酔っぱらいのお願いは断って下さいね(笑)

ママさんといっても、指揮をとる倉野先生、成藤さん、成信さんの奥様も所属され、そのメンバーもかなりの面々が揃っています。11月22日にある秋川雅史コンサートツアー~第4楽章~ではOpeningActを努めます。やりがいありますよね。

ママさんというのは名ばかりか?そうではなく、小さい子供さんも同伴で合唱を楽しめるというコンセプトの元結成されたようです。現在も数人連れていらっしゃるようですが、だんだん子から孫へ・・・・と変化が現れているのではないでしょうか(勝手な憶測ですが・・・)

私も小さい子供を連れて行ける習い事があればいいなぁと思っているので、ママさん三味団を結成しようかしら(笑)
子供が泣いても、騒いでも、ぷーんといい香りがしても・・・三味線を弾き続ける。
まぁ、放っておくと後が大変なんですがね(笑)

子供を持つ女性のライフワークとして活動されている他にも、子供達の為の福祉活動や、介護の活動、軽いフットワークで精力的にされている。なかなか出来ないことだと思います。また私もご指導頂けたらと思っています。

さて、タイトルの 『メール返し超最速』 は何なんだ?と言われそうですが、ここ数年携帯のメールにて訓成会の皆さんと連絡を取り合っていますが、メールを一斉送信したときに、ほぼ100%1番にメールが返って来るのが彼女です。
なかなか返事を返せない時もあり、ダメだなぁと思っている時は、彼女を思い出し密かに反省しています。ごめんなさい。
関連記事
白川先生
《はね撮影のためお見苦しい写真ですいません》

上の子がピアノ教室に通ってから半年がたちました。
私の妹の強力な薦めで、高山市でピアノ教室をされております白川博子先生に習っています。
何と二人とも妊娠しているかのような衝撃写真です(笑)

白川先生とは妹が音大受験のためのレッスンで大変お世話になったのがきっかけで、お世話になることになりました。
レッスンはご自宅の2階で防音室にグランドピアノが2台。壁にはミッキーのポスターがいっぱい。子供が喜びそうなとても素敵なお部屋です。

生まれて初めて、子供の習い事に付きそう親として、いろいろ初体験しています。
いつも私がお稽古で付き添っておられる親ごさんには 『こうあって欲しい、こうしてもらいたい』 と思っているので、私なりに気を引き締めてレッスンに向かうのですが・・・。

あまりに考えすぎてよく分からなくなり、子供を見守る他手立てが無く、たまに、やんちゃを見かねて『ちゃんと立ちなさい』 とか 『あいさつは?』 とか。子供としたら私は頑張っているのに何で怒られるのだろうか?と思っているに違いありません。
帰りの車の中で、『もうピアノは行かん』 とか飽きるほど練習もしていないのに 『もうピアノは飽きた』 とか。次々と嫌々攻撃を受ける。

実際、音程が分かるようになるには小学校3年生ぐらいだと言われました。五線譜も、ドからドまでカード遊びで並べたりしても右上がりの一直線にはならず、どこかでギザギザになっている。
下が低音で、上が高音なんていうのはさっぱり分かっていない。

理解するにはまだまだ無理だと言われても、12月の発表会には弾かなくてはならない。もう丸暗記しかない。もう既にピンクのドレスも買ってしまったし後戻りは出来ない、お母さんも頑張るぞー!

さて、このように子供より頑張ってしまうのが親なのですね(笑)実感しています。
藤秋会の子供さんの付き添いの皆々様、本当にお世話をお掛け致します。ありがとうございます。

黙って子供を預けても安心だと言われる先生になれるよう、日々勉強をしていきたいと思います。
白川先生が 『耳は7歳までに出来上がってしまうのよ』 と。その言葉は忘れません。

二人とも現在3人目の気配はないようです。ご安心を(笑)
さあ今日もピアノのレッスンへGo!Go!

関連記事
雨

久しぶりの雨です。

高山では先週から、小中高の学校で運動会、体育祭が行われています。今日は雨だから中止になった学校が多かったのではないかと思います。残念ですね・・・。

さて、私もその雨に残念な思いをしている一人なのですが。

今日明日と高山市の本町商店街が歩行者天国になり、高山の秋の味覚を存分に楽しめるとても魅力的なお祭りがあります。

子供と約束していたのですが、今日は雨、明日の天気予報は『晴れ』のようなので、明日行くことにします。
またブログにアップしますのでお楽しみに。
関連記事
さて、土曜日は雨のため断念した 高山秋の味まつり ですが、昨日の日曜日はうって変わって超快晴、とっても気持ちよく家族4人で出かけてきました。

最初は陣屋側から入り、高山観光協会の案内所があり、散策マップ等のパンフレットを配布。
途中、子供の保育園の子供達や、親御さんにあったりして、手にしているものを細かくチェック。

一度往復し、子供の意見も聞いたりして再度人混みの中へ・・・・。

【あまご、いわな、鮎の炭火塩焼き】 秋風の中、串焼きをほおばると夏の終わりを感じる一品。

【飛騨牛の串焼き】 これは高山の定番中の定番名物。普段でも至る所で焼いている。

しかし今回、気になったのは最近新店舗にてオープンした 『ル・ミディ』 の屋台の飛騨牛串焼き。
たまたま知り合いの方が顔を真っ赤にして焼いているので声をかけたが、声をかけるのもはばかられる程行列が出来ていた。食べたかったが断念して次に進んだ。

足を進めていくと、またどこかで見た顔が・・・・・・。多幸屋・・・家の近くの【たこやき】屋さん!!
ここは最近美味しいと思うたこ焼き屋さん。屋台で出店されていたので 『お店は営業しているの?』 と聞いたら 『やっとるよ』 普段でもはやっているので、今日は忙しかっただろうなぁと思いながら次へ。

香ばしいあぶらえの味噌がたっぷり塗ってある【五平餅】
これは使用する【あぶらえ】によって、味が全く違うので、食べてみて好みの味かそうじゃないか判断する。
しかし、みだらしだんごのように1本買って試食という軽い気持ちでは買えない。だんごに比べたら量も多いし、しっかりした味なので、下手をしたらお腹がふくれてしまう。
これもまた食べたかったが断念・・・・・・。

他には、金沢や魚津、氷見など観光PRに来ている県外の観光協会さんも出店していた。
高山は海がない町なのだが、昔から日本海の魚が食卓にあった。

ブリ街道という言葉が残っている。昔、生の魚を運ぶには日本海から高山までの運搬距離が長いため、ブリを塩漬けにして運んできたことでそのブリが通った道をブリ街道と言っていたようです。
この話は、氷見の訓芳さんもよくご存じですよね。たまに高山に観光PRにいらっしゃっていました。

他にも、イカの丸塩漬けや、しょぱーい塩抜きしないと食べられない魚の塩漬け、わかめの塩漬け。
極めつけに【漬け物天国】なので、塩分控えめにって感じです。

さて、まだまだ屋台は続く。
途中、高校生のバンド演奏があったり、お祭りを盛り上げていた。
関連記事
高山市合併後、たくさんの町村が高山市となり、名産も一気に増えた。見たこともない【おもち】意外は、それぞれの特産物を持って、出店していた。

飛騨牛串焼きに続き多かったのが、【飛騨牛コロッケ】 【塩せんべい】 【牛たま】 【高山ラーメン】観光協会の主催だったのだろうか、普通のお祭りヤシは1軒も無かった。
私たち子供連れにとっては大変ありがたいこと、純粋に食べたい品物が定まった。

4人の意見が一致したのが、これ↓【イチゴ生ジュース】初めて見た!!しかも子供の保育園の友達が美味しそうに食べていた。

イチゴ生ジュース

見た目イチゴジャムのようで、くどい感じがするのですが、食べるとひんやり冷たくて、シャーベットみたいで甘いんだけれどさっぱりとして、とても美味しかった。

地元の農園で出来たイチゴを冷凍にした物と、氷、砂糖、コレをミキサーにかけて細かくなったのをいただく。店主と話していたら、知り合いの農園のイチゴだったのですが、最近イチゴを作る農園が減ってきている為、商売はきびしいともらしていた。季節物だから何とも言えないが、来年もあって欲しいなと思う。

あとは定番を一つ【飛騨牛コロッケ】食べて満足。

帰り道、成信さんの自宅前を通ったら、三味線の音が聞こえてきた。旦那と漏れてくる三味線の音を聞きながら帰路についた。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。