藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2009年09月30日
三福寺祭

さあ、4日目。
今日、明日は実家の町内の神社祭。

嫁いでいる姉妹がそれぞれの伴侶、子供を連れて実家に帰ってくる。
うちの姉妹は今時めずらしい(と言われる)両親同居派。私の友人も同居派が多い。集まると色んな話で盛り上がるが、それぞれ同じ境遇、時には遠慮し、時には主張し、女同士も良い関係を保っていると思う。

さて、子供には遊びに行く前には自分の部屋(とまでとは言わないが個々の机近辺)を掃除するように告げた。

上の子は、いつもと違ってサッと取りかかった。
『千と千尋の神隠し』を観てから、ぞうきんがけがキングオブ掃除だと思っている。ぞうきんを絞ってと言いに来る。
どんな風に机を拭くかみていると、机の上にある白紙や色鉛筆、その他のおもちゃや、折り紙の作品、全てそのままで机を拭いていた。

今から20年前、秋田の家元宅へ内弟子に入った頃、奥様から掃除の指導を毎日受けていたのを思い出した。
私は15歳、中学卒業した歳。自分の部屋を掃除するのもやっとだった。
昔、私の母が『産みの母です』と言っていたことがあった。育てて下さったのは『家元の奥様』だと言って過言ではないということだと思っている。

まさにその通りで、師弟関係の事はもちろん、挨拶の仕方、電話の応対、掃除の仕方、ゴミ出し、食事の支度、片付け、お酒の準備やおつまみの準備。お弁当の作り方や、赤ん坊のミルクの作り方、オムツ替え。ほとんど全てのことを教えてもらった。

私はとても出来の良い弟子だったので、毎日叱られ、泣いていた。多分人生で一番泣いていたのではないか。
しかしまだ短い私の人生だが、この経験が一番ありがたい事だと思っている。

2児の母になってまた考えさせられたのが、叱られる方より、叱る方がはるかにしんどい事。相手を理解したいと思いながら愛情を持って叱ることの大変さ、私は今まさにその入り口にいる。

まだ下の子のオムツが外れたと喜んでいる、これからもっと叱る事が増えるだろうと思うが、その子にしか経験できない大切な事を見逃さずにいたいと思う。

まずは、机の上を綺麗に片付け、物をよけて机を拭ける事が目標かな。
関連記事
スポンサーサイト



さあ、とうとう最終日。
待ちに待った最終日。もうすぐ仕事に戻れる!!

この日は、前日に引き続き神社祭。子供には子供御輿があり、最後まで頑張るとお駄賃がもらえる。そのお駄賃でやしのおもちゃを買う。

それを楽しみにいざ出陣!!

うちの町内は氏子が広く子供達では全てを行列することが出来ないので、せめて子供御輿に参加してくれる子供達の自宅前を通るようにルート設定がしてある。
その他の地域の移動はマイクロバスに乗って移動するのが定番。

この日はあいにくの曇り空だったが、暑くもなく寒くもなく快適な行列に参加できた。
さすがに下の子は途中でリタイヤ。上の子は同じ保育園のお友達がいたので最後まで頑張った。

途中子供達はジュースやアイスをもらい、大人はビールやお酒で景気づけ。
私も早速景気づけ(笑)それがお祭りの醍醐味。

しかし後半、『わっしょい!わっしょい!』の声もトーンダウン。仕方がないので私も声を張り上げ子供達を励まし、かけ声が途切れることなく神社まで帰ってこられた。

参加したみんなはお駄賃をもらい足早に やし のおじさんの所へ・・・・・昨年も来ていたおじさんとおばさんだった。
昔は4、5軒ほど来ていた やし が、今は1軒。寂しいけど無いよりましか。

子供達はそのお駄賃で買ったおもちゃの他、大ばあちゃんや、おばあちゃん、お父さんに買ってもらったおもちゃで嬉しそうに遊んでいる。

こうやって、祭りは子供達に受け継がれていくのだろう。そして日本の文化も伝統芸もそうあってほしい、頑張りたい。

三福寺祭2


三福寺祭3
関連記事
先週の土曜日、郷土民謡協会秋季全国大会リハと、11月の五木公演のリハが豊田の元町工場の厚生センターであった。

東海地区より約90名ほど集まり、一斉にリハーサルが始まった。

訓音さんもブログに書いていましたが、壇上からみる風景はちょっとすごい。
しかも演奏が揃っているか、揃っていないかがすぐ分かる。特に自分のお弟子さん達の事はすぐ分かる(たまたま前の人に隠れていたりするとラッキーと思っているはず)

リハーサルへは男性1名、女性5名で参加。
女性陣は五木公演に初めて出演する方が多いため、どれだけでもお稽古をしてもらいたいと思い、今回のリハーサルへ参加するようお願いした。
通常のお稽古と違って人数も多いし、時間も長いし、注意ポイントも“はっ”とするような箇所があっただろうし、かなり力をつけられたのではないかと思う。これを忘れないようにお稽古に励んでもらいたい。

さて、藤秋会はお稽古は厳しく、お酒を飲むときは楽しく、ノミニュケーション万歳!!
訓成会も帰りの車の中から“シュポッ”。高山到着後も、お稽古場の近くに最近オープンした台湾料理のお店へ!!偵察のつもりで入ったお店だったが、思っていたよりお料理が美味しく、しかも価格もやすい。ギョウザ200円、ありえんです。

そんなこんなで、盛り上がっていたら、店長が1品サービスしてくれた。また盛り上がり、みんなでまた来ようね~と約束をして解散した。

公演前に着付け美容の練習会をする予定なので、その帰りでも予定してみるかな。

反省会

関連記事
前にブログで紹介した“イカのぬいぐるみ”ですが、

気になる方もいらっしゃると思い、ドレスアップしてご披露させて頂きます。

ごめんなさい。
どうぞーーーー!!!!


イカのぬいぐるみ



関連記事