藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2009年11月27日
【写真左前から:成明、成信、私、成藤】
【左後ろから:早川、成浩、成勝、平畑】
訓成会打上2

長丁場の五木公演も無事に千秋楽を向かえることが出来ました。
御家元、奥様、幹部の方々、訓成会のみんな、子供達を見てくれた家族、関係各位の皆様方、本当にありがとうございました。心より感謝致します。

さて昨日早速、訓成会の打ち上げを高山市内の居酒屋にて開きました。全員出席ではありませんでしたが、今回の公演での出来事を語り、笑い、又頑張ろう!と盛り上がりました。

1次会も終わり、やはり2次会はカラオケへ。
成信さんが『今日は五木ひろしさんの歌しか歌えない事にします』と宣言。

しかしなかなかはかどらず、たまたま歌舞奏のプログラムを持ってきていたので、この公演で五木さんが歌った曲、もしくは日替わりのゲストの曲にしましょうとなった。

無難な所から‘夜空’、‘長良川艶歌’、‘ふるさと’、‘よこはま・たそがれ’などなど、カバー曲も数曲エントリー。

でもやはり、みんなが一番気になった曲は、やはり “ナタリー”。

どれだけ“ナタリー”で検索しても検索結果はなし。そこのママに聞いたら、正式な曲名を教えてくれた。ナタリーではなく、“黒い瞳のナタリー”だった。

早速、なぜか成勝が熱唱!イタリア語?スペイン語?初めて歌うのに、思い切り雰囲気があり全員、大爆笑!!
かなり満足感があった(笑)

その後数曲でお開きとなり、歌えなかった曲は後日、第二回五木を歌う会を設けることにした。
しかし、帰り際そこのママが『ナタリーの替え歌があるよ』と一言。

そんなのあるの~!!と、早速聞かせてもらった。
その替え歌の曲名は “くどい太めの納豆売り” 。 “黒い瞳のナタリー”????

あまりにも原曲のタイトルと違いすぎて、リアクションに困ったが、恐る恐る歌っていくと、日本語なのだが原曲に限りなく近いイントネーション。

深夜番組の 【タモリ倶楽部の空耳アワー】の投稿ビデオを見ているようだった。
先の原曲を歌った感動とは違う感動で、大締めとなった。

ナタリー、気になるでしょ?お試しあれ。
関連記事