上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2010年01月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加藤訓成プロフィール


■加藤流三絃道 総師範
■藤秋会連合「訓成会」 会主
■(財)日本郷土民謡協会 公認教授

昭和62年、加藤流三絃道藤秋会家元・加藤訓師に師事。

秋田聖霊高校へ通いながら、家元宅で3年間内弟子生活を送る。

高校卒業後、内弟子としての修行を終え地元岐阜県高山市へ戻る。

高山市を拠点に、全国で津軽三味線の演奏活動を続けている。

現在、訓成会の会主としても活動中。

【CD】
・「絃~GEN~」津軽三味線ユニットIWAKI
・「奏~SOU~」津軽三味線ユニットIWAKI
スポンサーサイト
写真左から【下の子、私、上の子】
下の子は眠たく、上の子は、乳歯が抜け、私はほろ酔い
初詣
皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年も一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

暮れには、たまりにたまったほこりや汚れの大掃除。短期間でごしごししたせいか腕や背中が軽く筋肉痛になるほど。日頃より年末に大がかりな大掃除にならないようにと思っているのだけれど・・・考えすぎると、日々掃除のために生きている様な気がして・・・またそれも苦しい。

さて、元旦は高山の隣の町、飛騨一ノ宮にある水無神社へ初詣へ出かけた。子供が生まれる前は大晦日の年が明ける前に車に乗り込み初詣へ出かけたが、今は年が明けてからのお参にりなった。
主人は上の子と何だか深々と頭を下げ、真剣ジャーだった(笑)

道中車内で下の子が寝てしまったため機嫌が悪く、ずっと『お母さんおんぶしてー』の為おみくじは引けなかったが、上の子と主人は、大吉と吉!
初詣恒例の“ベビーカステラ”と“たい焼き”を買って家へ帰った。

主人がごそごそと新聞を開き始め『お正月は家族と親戚を全てハワイへご招待する』と意気込んでいた、例の番号を合わせていた。そしてまた今年も惨敗。
ハワイはまた来年かな(笑)懲りずに頑張るでしょう(笑)

しかし、おみくじのご利益が私に降ってきたか、年明け早々新入会者があり、藤秋会紫栄会の年末のスローガン「会員1人につき1人の入会者を」を既にクリア出来た。
皆さん私に続いて、おみくじのご利益がありますように!!
関連記事
手帳

周りの人々が電子手帳や携帯電話のスケジュール帳にメモリーするデジタル時代なのに、どうしても手放せない手書きの手帳。しかも6穴の大きいサイズ。

持ち運びも(歳を重ねる度に)重く、幅を取るし結構存在感がある。
独身の頃から比べたら、結婚してから、子供を産んでからと、どんどんスケジュールが増えていく。私はおおざっぱな性格なので、おおざっぱに手帳に記したらどんどん分からなくなってしまう、それもあり、どうしても小さい手帳には替えられない。

皆さんは知らないだろうけど、訓音さんの手帳なんか見たら一面真っ黒!!予定もびっしり(のように見える)私の手帳より小さいのに・・・本人しか分からない暗号が沢山書いてあるらしい。
でも訓音さんもたまに『これは何のことだっけ?』とつぶやいているときがある(笑)

その私の手帳に使う週間ダイヤリーだが、昨年購入するタイミングを失い、いつも行く文房具屋に行ったら、店頭にはなく、取り寄せ可能か聞いてもらったら、メーカーでも廃盤になってはいないが、品切れだそう。
今まで色んなレイアウトのものを使ってきたが、今はこのタイプの週間ダイアリー帳が一番使いやすく気に入っている。

諦めたくないので、また探してみよう。
気に入った物ほど無くなってしまう、そういう時代なのかな。『物を大切にしなさい』と言われた小学校時代の母親の口癖がよみがえる。
関連記事
煮物

『うーまい!うますぎる!!』うちの旦那の第一声。

昨日はIWAKIの初稽古、スーパーシリーズを重点的にお稽古。IWAKIのお稽古は何だかんだ言ってもやっぱり楽しい。いつもよりお稽古を早めに始め早めに切り上げ、その後、御家元宅奥様手料理の新年会へ急いだ。(ちょっと急ぎすぎか)

内弟子時代に御家元のご自宅にあった丸い木のテーブルを思い出させるような円卓。
昔から御家元は『テーブルが丸いと沢山座れるからいいな』とおっしゃていた。昨日もそうおっしゃった。
またテーブルいっぱいに奥様の手料理が並ぶ。これも内弟子時代から変わらない。昔はお料理を残さないように沢山食べられたが、さすがにIWAKIもアラフォー。昔のようにはいかない。

家庭のあるメンバーは、奥様の手料理をタッパに詰めお土産として頂いた。
それなのに私は名駅から高山行きの高速バスに乗るため、後片付けのお手伝いもせず御礼を言って新年会を失礼した。

さてそのお土産に頂いたお料理の中でもイチオシの煮物。本当においしい。
昨年の五木公演の時も2回ほど頂いた。

『最近の若い人は煮物なんか食べないでしょ』と奥様はおっしゃるけど、私は田舎育ちで子供の頃から煮物中心の食生活だったので何の抵抗もなく、むしろ秋田のお醤油の味が新鮮で(懐かしい味)ついつい食べ過ぎてしまう。
以前もブログに書いたが、奥様のお料理は本当においしい。御家元もベタ褒め。

煮物には、タケノコ、ぜんまい(わらび)しらたき、鶏肉、ちくわ、こんにゃく、あげ、山芋ちくわ、そしてニシン。このニシンが絶品!!色は濃いけど、しょっぱくない。
そしてニシンは数秒で胃の中に消えていった。

奥様、IWAKIの新年会に大変美味しいご馳走をありがとうございました。
今年は30周年記念公演、出演者530名の凄い舞台、これを乗り切るためにも人と人との繋がり(つながり)を大切にして行かなければならないと心に誓った。
関連記事
見つけました。来年の3月まで記入出来るので嬉しい。
さて、予定を書き込むとしますか。

ダイアリー
関連記事
写真【旧高山市にあったスキー場】
原山2

年々、降雪量が減ってきている高山だが、さすがに1月、2月はスキー場が営業出来るほどの雪が降る。
旧高山市とその隣接町村が合併し、今では高山市内に5つのスキー場がある。

先日の連休に子供達を連れて、旧高山市内にあったスキー場跡地に行った(数年前スキー場は閉鎖し公園になっている)やはり狭い高山、知り合いが2、3人。高山は小学一年生からスキーの体育の授業があるため、それ前にある程度滑られるように特訓をしなければならない。来年春は上の子が小学生、大変だ・・・。

若い頃は、スノーボードを車につみ、風を切って滑っていた頃が懐かしい。
訓成会でもスキーヤーが数名いる。彼らは、難易度の高い滑走路にトライし、市内にとどまらず、県外、果ては国外へと旅立つ。雪が降る土地にいて、ウィンタースポーツをしないのはもったいない!と何度も言われている。

スキーヤーが言う“もったいない”の言葉が心のどこかで消えないまま存在している。
新しい趣味を見つけてみようかな。

原山
関連記事
初稽古

またスモック着たまま・・・と写真を撮ってから気づいた。
パジャマに着替えるまで着ている時もあり、よほどスモック好きなのかと思われる(笑)

さて、今年も子供達のお稽古が始まった。
今日は太鼓のお稽古。上の子は真剣、下の子は真似をしようとカンニング中。いつかご披露出来るように頑張ってだましながらお稽古に励みたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
関連記事
写真【左から:成徹、訓成】
清徳会新年会3

先週の土曜日、高山市内のホテルにて、田近先生こと、加藤成徹さんと。

高山では最大規模の社会福祉法人で、市内に大規模な3施設を運営するところの産業医として、田近先生が勤務されており、以前より津軽三味線の演奏をお願いしたいと聞いていた。

今年はたまたまタイミングか合い、理事長他、理事、社員205人の方々の前で2人で演奏。
田近先生は、ちょっと緊張気味・・・・。

少し心配だったが、舞台へ上がった瞬間『田近先生、頑張ってー』の一声で、気分が変わりリラックスして始められた。お互いに『ゆっくりね』と声を掛け合い演奏開始。

失敗もあったが、今までで一番落ち着いてしっかり弾けた!本人にもそれを伝えたが、先生を知るみんなにも、嬉しさのあまり何度も話をした。

あれは2年前、訓成会10周年記念公演を高山でさせて頂いた時、田近先生は目の手術の後で無理できず、本人は当然、訓成会のメンバーも泣く泣く欠場を受け入れた。

公演のため、方々に広告をお願いして下さったのに本人が出演出来ない・・・どうにかして返せる方法は無いかと考えてきたが、丁度まさに今回広告主の前での演奏。しかも上出来!!少し返せたのではないかと思う。

師匠として、かわいい弟子が周りの方々から慕われ、褒められているのを見るのは気分が良いもんだなぁと、お料理をご馳走になりながら思った。

だが次の日も演奏を控え、田近先生は早々に引き上げていった・・・つづく。
関連記事
写真【左から:成藤、成徹、成明、成信】
※演奏写真は後日アップしますのでお楽しみに!
医師会新年会

そして次の日。

今日は(先週日曜日)訓成会の要とも言える訓成会総合病院の先生方の高山医師会新年会。
場所は、高山市で一番格式の高い老舗料亭“洲ざき”さん。写真を見ても時代を感じさせられます。

2週間ほど前に、医師会の理事の方々より津軽三味線の演奏をお願いしたいとのご希望で、われわれ5名で演奏。

これも10年前に成藤さんから『高山医師会の新年会の余興で津軽三味線を弾きたいのですが、半年で1曲お願いしたい・・・』うー、1年でもままならないが、もう他に手立てはない様子だったので、お受けした。

もう経験者の方々はよくご存じと思うが、まずバチを持てるようになるのが一苦労。しかも斜めになっている絃に当てていかなくてはならない。なかなか当たらない・・・・・。
しかしさすがお医者様!やるときはやります!医師会からの陣中見舞いもあり何とか嘉瀬の奴踊りが弾けるようになった。手を替え品を替え、アンコール曲まで全部嘉瀬の奴踊りオンパレード!(笑)だって1曲しか弾けないんだもん。

小京都飛騨高山では田舎なれど、意外と芸所。
なぜ私に津軽三味線を習われるようになったか、前にもブログに書いたかも知れないが、高山医師会の新年会芸能部の歴史は古く歴代会長さんより、日本の伝統芸能に堪能でなければならないとあり、まさに訓成会メンバーがその芸能部の部員だったのが始まり。他にも歌舞伎をやられたり毎年工夫をこらして芸能発表をされていた。

昔のことは詳しく聞いたことはないが、お医者様には日本の伝統芸能をたしなむ方が数名いらっしゃる。その昔は芸能部に所属だったのでしょうか、現会長さんは西川流の名取さんで常に一目を置かれている。
私達の演奏の目に座付きを踊られたが、素晴らしい。さすが老舗料亭にぴったり。

そんな頃から10年。10年前って私は20代。
こうやって訓成会総合病院の先生方をはじめ、高山医師会においても訓成会という存在をあたたかかく見守って頂き応援下さって本当に心より感謝申し上げます。また御家元への恩返しが少し出来たのではないかと思う。

これからもしっかりした音色を残していけるよう精進していきたいと思います。
関連記事
写真【事務局の奈知さんから頂いたお下がりの服、懐かしいでしょ?】
バカンス

子供達が通っている保育園で今日からとうとう、上の子のクラスがインフルエンザ感染者が2名を越えたので、閉鎖となった。

本人はまだ元気だが、先週末より少し風邪気味だったので本人の療養にもよい機会になっている。

が・・・・普通に元気なので、土曜日まで休み、結構長い。
前に訓菊さんも同じ事を言っていたけど、『他のクラスに臨時通わせてもらえないかなぁ』なんて。

働くお母さんにとっては元気な子供を1人家に置いておくわけにはいかない。誰かに頼むことになる。
私も予定を組み直した。

ただ下の子のクラスはセーフなので今日から1人で保育園に通っている。
いつも一緒にいるお姉ちゃんが居ないのに疑問に感じないのか、なかなか『お姉ちゃんは?』と聞かない。そして家を出る寸前に『お姉ちゃん起こしてくる』と言った。『病気やでなー』とごまかして元気よく登園。

よく兄弟がどちらか保育園から小学校に上がり、残された弟や妹は1人で登園したがらないと聞くが、うちの子はそんな雰囲気は無い。自分の意思で保育園に通っているようなたくましさを感じる。

しかし、昨日からニュースでやっているが新型インフルエンザの予防接種ワクチンが余っているとのこと。子供が休んでいる機会に接種出来ないか病院に問い合わせてみよう。歯医者もだ・・・・休みも有効利用する!!
関連記事
今日、まさかの事実発覚!元気にしていた下の子が新型インフルエンザに感染。成明さん(山下医院)にお世話になりました。
まさにバカンス真っ盛りとなり、2人とも保育園に通えなくなった。

今週末は保育園のお遊戯発表会。
何とか上の子だけでも行かせたいと思っているが、多分時間の問題ではないかと思っている。
それに恐れずお稽古に来たい方はお待ちしております(笑)マスクします(笑)
関連記事
写真整理

保育園のお遊戯発表会までもう1日、インフルエンザにかかった下の子と、まだかかっていない上の子を別々の家に寝かせることに決めた。
当然、私はインフル菌たっぷりの下の子と二人でお稽古場に泊まった。

下の子は熱も下がらずお薬も効いてきたか、意外に早く寝てしまった。
お稽古場にいるとやることが沢山ありエンドレス。だいたい徹夜の女になってしまう。

子供が元気ならビールでも飲んで、となるのだが、何が起こるかわからない。別の部屋で仕事しようかと思ったが、昼間の内から、寝ていると思っているとぱっと目を覚まし私の姿を探しに走ってくる。それではお互いに良くない。

すごく悩んだ結果、子供の近くで何年もたまった写真の整理をすることにした。
出てくる出てくる。『こんなことあったかー』『えー若いー』『やせてるー』色々思い出した。

しかし、思い出にどっぷりはまって、なかなか整理出来ない。
写真もサイズが様々。まず、大きな写真をアルバムに・・・・もう2時。

朝、子供の症状がどう変わるかわからないので写真整理は断念して床についた。
写真整理も掃除と一緒でこまめに整理整頓。

気持ちも整理整頓。
関連記事
なんと、自分のアクセスで訓成会ブログアクセス回数7777回のぞろ目になってしまった。
嬉しいような、申し訳ないような・・・・複雑な気持ち。

さて、さて、30周年に向けてお弟子さんの指導にあたっているが、今回の指導のポイントを自分なりに考えている。

大勢の演奏者の中で個人の演奏をどこまで引き立たせられるか、結構難しい。
しかしお弟子さん達には自分が舞台で津軽三味線を弾いたのだ!という心に残る舞台を踏んでもらいたい。

私は結構地味なお稽古が好きなので、他に紛れて身を隠せる部分、結構簡単に弾いてしまえると思い込んでいる部分、ここに指導のポイントを絞ってみた。

簡単だとは決して思っていないが、先ず最大の隠れ身の術!!『かまし』

これは隠れがいのある術ですよね。
先日訓成会のお稽古の時、何か変だなーと思いながらも、技術的に難しい部分の指導を行ってしまう。いつも気になっていて、たまに指導するのだが、『頭では解っているが手が動かないのです』とザクザックッと斬られてしまう。


かましは手の動きが速いため、自分が今どの音を出しているのか、どこをどのタイミングでツボを押さえているのか、一音、一音確認出来ていない。その為右手と左手のタイミングがずれてしまい違う音になってしまう。
他にも手が細かく早く弾かなくてはならない曲などは、最初から早くは弾けないのだからゆっくり練習する。今自分はこの音を出している、弾いているのだという意識をはっきり持って弾くと良いと思う。


今回は斬られても斬られてもしつこく指導してみようと思っている。
関連記事
山下医院

まだまだインフルエンザが流行っている。
先週、下の子が新型にかかり、上の子は感染せずホッと胸をなで下ろしていたら、二日前から咳、鼻水と量が多くなってきた。

明日は大事な新年会、しかも今日は土曜日、行きつけの山下医院(加藤成明)は午前診療なので保育園へ行く前に、お腹ぽんぽん。明日は大丈夫!とお墨付き。私もチョコッと診察。

いつも楽しい診療がモットーの山下先生です。今日もまじめですよ-(笑)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。