藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2010年03月
ポッポ公園

高山の駅裏に昔《飛騨体育館》があった。
まだ高山市民文化会館が出来る前は、ほとんどの催し物がそこで行われた。私もリアルタイムでの経験者なので懐かしく思う事がある。

その飛騨体育館も撤去され、現在はSLが展示してあることから《ポッポ公園》として子供達に人気の公園となっている。駅に近いと言うこともあり動いている電車もみえたり、隣には児童センターがあり、雨が降ってきたら雨宿りも出来、遊びも出来る。

観光地で無料で休憩出来る所はなかなかないですよね。またご利用下さい。
関連記事
昨日は清洲のお稽古日。
冬の間は公共交通機関を利用し通っていたが、日に日に雪も解け、氷点下の夜も少なく、今月から東海北陸自動車道にてETC割引を利用しお稽古に通った。

私の場合、家族でETCカードを作り割引を最大限利用している。
しかし割引のサービス内容は良く変更される?のだろうか。

たまにETC料金所の電光掲示板に見たことのない数字が点灯するときがある。ん?何でその金額??
でも割引の文字があったから、何らかの割引が働いているのだろう。

そういうのが得意な主人に聞いても、ちょっと?????だった。

昨日も今まで見たことがない数字だった。
しっかり調べたらいいのだけれど、割り引いてくれているのだからまあいいかと思ってしまう。

以前にテレビの番組で携帯電話を6台持って、それぞれの機種の機能とサービスを有効に利用すると月々の電話料金が1万円いかない(確か6~7千円だったと思う)と言って語っていた男性がいたが、すごいけど私にはそこまでは出来ないからなるべく携帯電話を使わないように心がけることぐらいは出来るかな。
がしかし、まずもってその心がけも心にとどめておくぐらいにしか出来ないけど・・・・。

ETC割引ももっと極めたら経費削減に繋がるのだろう。
割引合戦の世の中だけれど、ひなまつり割引ってあるのかな?

今日はひな祭り、子供達も今日はひな祭り会で元気よく保育園へ駆けていった。
そうまびな
関連記事
先日ラジオ放送を聞いていたら五木ひろしさんの声が聞こえてきた。

新曲のPRのようだが、御園座における津軽三味線の話の方が耳に入ってきた。そこでパーソナリティーの女性が津軽三味線の演奏を高く評価し興味津々、いろいろ質問をしていた。
五木さんは特に調弦の重要性を語っており、その話の内容もふむふむとうなずけるものばかりだった。

そう言えば、昨年武道館へ行っていたときに御家元から『来週東京の五木さんにお稽古に行ってくれないか』と言われた事を思い出した。

お稽古と言っても・・・・。
『一緒に弾いてくれたらいいから』と言われたが、全く検討がつかない。しかも五木公演間近でスケジュールが詰まっている間を縫っての東京日帰り。一人でやってのけられるか。

今までの経験上、何が起こるか分からない。やはりここは何かの時のバス移動。
そして、パートナー同伴の上京となった。

東京タワーまでの道のりに問題はなくスムーズに移動。
そこからが時間の読めない世界へ突入。

いつも舞台監督でお世話になっているシュン君に到着の電話をし、東京タワー真ん前のスタジオの前で待つこと20分。ようやくシュン君と金沢さんとご挨拶が出来スタジオの中へ。
《次へ続く》
関連記事
さて、今だから言えるが、その日丁度新曲の打合せをされていたようだ(内緒にねって感じだったので誰にも言わずにいた)
五木さんを待っている間にシュン君から『一般的にお稽古はどれくらいの時間されるのですか?』と聞かれ、帰りのバス時間18:30を頭に置いて、1時間ぐらいと答えた。

しかし16:00のお稽古予定だったが、五木さんがスタジオに現れたのが17:00。
帰りのバス時間に間に合うか心配だったが、世間話をしながら、お稽古に入った。

しかし譜面が無い。私も持ってきていない。暗譜されているのだろうか?いや、最初から譜面など無い状態で相手の手を見てお稽古されていたようだ。昔の教わり方ですね。
御家元に言われたように、虫のソロ部分、藤秋会と一緒に演奏される部分を何度も一緒に弾いた。

やぱりスーパースター、音の正確さは素晴らしい。三味線に譜尺も付いていないのにほぼ16や19のツボをピタリと当てる。しかし、たまに左手の移動やバチの使い方が私と違う箇所があり、そこを何度かお稽古した。

特にスクイと押しバチの部分だった。
今まで全部の音を叩きばかりで鳴らしていたのだろうか。それもそれで凄いこと!!

小休憩はしたものの、1時間程で終了する予定が1時間半もお稽古してしまった。
お稽古に集中してしまいもうすっかりバスに間に合わない・・・・・・。

私達が名古屋からお稽古に来てくれたと思っていらしたようで、高山からと聞いてびっくり!私とパートナーには五木さんご本人から労いのお言葉を頂きました、大変光栄なことでした。
また来月お世話になることのご挨拶をしてスタジオを出た。
関連記事
スタジオを出たところで、シュン君から私のパートナーが今、えらいことになっていることを聞いた。
バスの時間変更が電話では出来ず、新宿のバス窓口まで行かなくてはならない事が解り、猛ダッシュで先に行かれましたと・・・・・。

私も早速追って新宿へ。
しかもこの時間が無いのに、道に迷って新宿駅をぐるぐるしたりして余計に疲れることをしてしまった。
そしてようやくパートナーに会えたとき、『こんなに猛ダッシュしたの何十年ぶりか、もう疲れた!』とボロボロになっていた。

そんなボロボロな2人はもう覚悟を決め最終バスの予約をし、その時間までゆっくり食事をすることにした。
バスターミナルの前にあった居酒屋に入った。

お互いを労い一時疲労回復をはかり、最終バスに乗って松本へ~安房トンネルを抜け高山へ。
午前様の到着、ありがとう、お疲れ様。

新宿
関連記事
写真【左:訓成、右:内海先生、後方:愛車】
内海先生と
名古屋(春日井)から高山へ三味線のお稽古に通うようになって3年程。

月に1回のお稽古なので、他のお弟子さんより回数も少なく十分なお稽古が出来ないのではないかと心配したが、ちゃんと家でお稽古している様子で本人の努力もあり何とか遠距離稽古も他のお弟子さんと変わりない進み具合を保っている。

私のような直弟子(御家元にお稽古をつけていただいている弟子のこと)は基本的に月に1回のお稽古で、その月にお稽古に行けないと次のお稽古が2ヶ月後となってしまい少し不安になってしまう。
彼にもその様な気持ちがあるのではないかと思っている。

夏は良いが、冬の高速道路は積雪で通行止めになったり、ここ二日間の様な思わぬ豪雪で、途中チェーンを巻いたり、結構ハプニングがある。そんな中頑張って高山まで通う。

それほどまでして、そんなに三味線が好きなのか!?と思われるかも知れない。
それは嫌いではないと思うが、それ以上に彼を高山で待っている人たちがいるから、月1回の診察を受ける患者さんがいるからだ。私の友人のご主人もお世話になってる。

名古屋から高山の厚生病院の院長として赴任され、たまたま成信と同期で、色んなご縁で私や三味線と繋がりができた。
初めてお会いしたのが、高山駅前の居酒屋で訓成会の新年会の席でだった。成信の『入会するには稽古より先に飲み会から』が恒例になった初の事例だった。

今年の4月からは、独立行政法人 国立病院機構 東名古屋病院の院長先生に就任。
今と変わらずお稽古に通って下さい。まずは5月の30周年公演頑張りましょう。
関連記事
30周年記念公演まであと少し。

IWAKI公演の時、2年前の高山公演の時もそうだったが、高山は田舎だから、お客様が本気でチケットを購入する時期が1ヶ月前。その前から発売しているのに、公演1ヶ月前にならないと数字が伸びない。
その為主催者は、本当にチケットが売れるのだろうかと毎日不安で、寝ても覚めてもチケットを誰に購入してもらおうか考える。

何年もかけて、チケットの購買ルートを作った結果、ダイレクトメールの打率の高さに我ながら感心してしまった。
特に営業をしたわけではないが、この10年で藤秋会やIWAKIの公演チケットを続けて購入して下さった方、ホームページからの問い合わせがあった方。その8割以上の方が予約。

前に公演を聞きに来て下さった方達が、忘れずにまたチケットをご購入下さる。その公演自体が次の公演の広告そのものなのではないか。現在五年後まで効力のある公演(広告)を作り上げている。

しかし、今回の公演(広告)は予想を反して10年以上の効力があるのではいかと思っている。良いお席残りわずか、さあみんな急いで!!レッツメール&電話!
関連記事
【自宅からの写真:真っ直ぐ行くと成信クリニック、その手前を左に行くと成藤耳鼻科、後ろを左に行くと成明医院】
八軒町ストリート

私の住まいは高山市の陣屋近くにある。
子供の通う保育園も、繁華街も歩いて行ける。

そして、訓成会総合病院のうち三院が半径300メートル圏内にあり、子供は背負って走り、大人は高熱でどうしようもなくても歩いて行ける。逆に車で行く方が時間がかかったりする。

写真にある成信クリニック最上階のテラスでは、毎年花火大会を観賞。子供達が喜ぶだろうから連れておいでと誘って下さる。昨年は雨のため中止になったが、ご馳走沢山作ったからと奥様に御電話を頂き花火抜きのパーティー。
今年は晴れるかな、またお願いします(笑)
関連記事
今月は私の誕生月。
その日を世間ではホワイトデーと言う。

私は3人姉妹の長女。
先月から一番下の妹が出産の為里帰りをしていた。出産予定日が過ぎても、うんとも寸とも言わないお腹に付き合って一週間、ようやく陣痛が始まった。

私の陣痛は3年前、と6年前。それぞれ陣痛の内容が違う。2歳下の妹も2回経験、またそれも違う。その妹の2回目の陣痛の時は、白衣を着て助産師さんと息を合わせ『はい、いきんでー』『おへそを見るように、あごを引いて-』と声を掛け出産に立ち会った。良い経験をさせて頂いた。

母親から夜中の3時頃携帯に電話があったが、次の日は豊田で30周年公演の特別レッスンへ参加のため熟睡中。朝6時頃母親からの着信を見て折り返し電話をしたら、もう赤ちゃんが生まれていた!!

病院へ行ってから6時間で産まれ、私達姉妹の中で最速出産だった。
豊田へ出かける前に病院へ行き、妹に御祝いと労いの言葉を掛け、まだ新生児室で寝ている赤ちゃんを見せてもらった。小さくてかわいいー。生まれたての赤ちゃんを見ると、もう1人欲しいと思ってしまう。

もう少し実家でかわいい赤ちゃんが見られるので、産んだつもりで我慢。

私と同じ誕生日、このご縁で今後も仲良くしてもらおう。
さゆき
写真【題名:慣れないだっこ】
さゆき&はつね
関連記事
今日で今年度も終わり。
先日、母校の中学校教員送別会へ出席した。

私は、12年ほど母校の選択授業で和楽(三味線)を教えている。

教員は3年、5年と在校年数が限られているが、私は行く年来る年12年も同じ学校で先生や生徒を見届けている。

しかし私以上に22年もの間私の母校を見続けている人がいた。それはうちの成信だ。
校医として22年務め、今年度で任務が終わった。

22年というと、私が秋田へ内弟子として高山を出た次の年。
長い長い間ご苦労様でした。

先日高山で『よされ菌』が発生した日、私は成信をその送別会へ誘った。
もちろん津軽三味線を一緒に弾くためだ。

早速次の日、学校に電話で成信の出席の件をお願いした。
成信からは聞いていたが、22年間1度も歓送迎会へのお誘いが無かったこと、初の事例になるだろうからどんな返事が返ってくるか心配だった。
しかし快く歓迎してくれた。

仕事があり宴席に少し遅れてきたものの、津軽三味線の演奏に校医とは違う一面をみて教員一同大感激!!
その後、成信の周りにはお酒を手に持った教員が次々に訪れた。

私は出過ぎた事をしたのではないかと心配していたが、ご退職される校長先生をはじめ、素晴らしい先生方ばかりでその場は大変盛り上がり、とても嬉しかった。
二次会では成信から御礼の言葉をもらった。

来年度からゆとり教育廃止に伴い選択授業が授業から消されてしまう。
私も来年送別される、そんなことを思いながら少し寂しい気持ちになった。
関連記事