藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2010年04月
外科学会

やっと大きな声で叫んでも大丈夫
『第110回日本外科学会の前夜祭で津軽三味線100人弾きの演奏をしたー!!』

黙っているのも徐々に限界が・・・当日は本当に晴れ晴れとした。

この演奏のお話しがあったのが、3年前。
成信の同期であり、この外科学会の会頭であるN先生や、学会運営会社のYさんとの打合せ等のやりとりがずっと続いた。

そして舞台は我らがM舞監!

しかし、ホテルの中に20人×5段のひな壇をどうやって作るのだろう、緞帳もないし、全く想像出来なかった。
M舞監に最初にお話ししたときには『えー!あそこにひな壇組むのー!』と一瞬びっくりしていたが、完璧にホールで演奏するものとほぼ同じセットだ出来上がっていた。むしろそれ以上に綺麗だった。
さすがM舞監、お見事!!

そして、演奏者の私達と言えば、この津軽三味線100人弾きはぜったいに公表しないとの約束で100名が集まってくれた。
中には地元のお医者さんに通院中、次の予約を入れるためお医者さんに7日は?と聞かれあやうく『あ、その日は、げっ・・・・・・・』もう少しで言いそうになった(笑)と話をしてくれた方もみえた。

当日もホテルに入ってもこそこそっとしてしまう。声も小さくなってしまう。
なぜか?実はこの外科学会(前夜祭)に出席される世界各国のお客様(ドクターやその家族)へのサプライズ演奏として会頭のN先生が極秘で準備を進めていたからだ、我々もそのご要望に応え身を潜め本番をまっていた。

しかし、同ホテル内で総会や会議を行っていたので、マイクチェックやサウンドチェックを大音量でやっていたら、ばれているのでは?とも思っていたが、楽屋から舞台裏までの導線は厨房を通り、姿が見えてしまう場所には屏風を立ててもらったり、学会運営会社の皆さんは真剣だった。だからばれていないはず・・・。

本番、幕が下りた。
『うおーー!おーーー!』の630名の驚きの声がウェーブした。やっぱりばれていなかった(笑)

会頭のN先生にはお忙しい中、招宴を中座され、藤秋会のためにご挨拶に来て下さった。後日成信との会話の中で、会頭は今回の演奏を大変喜んでいたと思うと聞き、あー良かったなと胸をなで下ろした。

この度は会頭のN先生、学会運営会社のYさん、そして御家元を始め、ゲストの皆さん、藤秋会の皆さん、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

頭を切り換え、次の公演に向けてまた前進!!お疲れ様でした!!
関連記事
毎年4月に入ると高山民謡連合会主催の「全国民謡大会」に出演する。

この会は今年で39回、来年は40回の記念大会になる。私が産まれる前からあるのだからやはり歴史を感じる。

今年も訓成会出演。他にも佃康史さんやそのお弟子さんも出演した。
今回は例の外科学会(はーやっとで気兼ねなく言える~)で演奏する曲のうち1曲を演奏することになった。外科学会の3日前だったから、舞台度胸を付けるにはグットタイミングだった。

他にも、自分たちで衣装を着たり、お化粧やウィッグを付けたりの勉強にもなった。
今回頼りにしていた平畑さんが左手手首を負傷。三味線は弾けず、着付けも思うようにお手伝いできない状態。頼れない為、自力で何とか頑張っていたが、袴の着方が難しいようだった。すぐさま隣の楽屋から助っ人をお願いした。

外科学会の時ひな壇で隣に座った訓栄さんが、しきりに袴のひだを直していた。
女性は着物だから足を揃えて座るが、男性は袴をはいて座るときは足を開いて座る。すると開いた股の部分のしわが綺麗にまとまらない。お客様から見たときにぐちゃぐちゃになっていると印象が悪い。

プログラムや広告に載せる写真を選ぶとき、大体良い顔をしている写真を選ぶが、顔は良い顔だが、袴がぐちゃぐちゃという事もあり、思うような写真が無いときがある。
どちらかと言えば、顔より袴を優先している所があるが、それを裏付ける御家元の言葉がある。『着付けが上手な芸人は芸も良い』一流で活躍している方達は大体ビシッと着付けしている。

訓成会も一流を目指してビシッと決めて行きましょう。
ビシッとアイテムとしては【襟ピン・こうりんベルト】自前のお腹の出具合が足りない場合は補正タオルが必要。

さて、あなたの袴はどんな線を描いているかな。

H22民謡大会
関連記事
私の周りでは肩こりの人が多い。

富士マッサージファンの訓峯さんを筆頭に、御家元、多数の会員さんが肩こりのようだ。
私もそれに負けず学生の頃からクイーンオブ肩こり、母親によく肩をもんでもらっていた。

運動不足の私達(最近の訓栄さんは違う)代謝が悪く血の巡りが滞る、そしてお酒で消毒・・・・。

何年か前は主人によく肩をもんでもらっていたが、私の肩があまりにも硬いので『親指が曲がった!』と文句を言われ、太鼓のバチを使って硬い肩をほぐしてもらい『普通だったら傷害罪で捕まるぞ』とまで言われた。

ここ何年かは、あんま、鍼、灸と体の調子をみてかかる治療院を使い分けている。
最近は『はねそま治療院』にもかかっている。

肘の刺さり具合がとっても気持ちいい、重さも丁度。
しかし『はねそま治療院』は気まぐれなので簡単にお願いを聞いてはくれない。時にはお土産が必要な時もある。タダでは問屋は卸さないらしい。

マッサージ2

調子よく肘を動かしているが、私の背中が丸いため、いきなりごろりんと落ちてしまう(笑)
マッサージ1
関連記事
芸文1
先日、御家元、奥様、幹部のみんなで5月9日の開場の下見をした。
久しぶりに入った芸術劇場、やっぱり素晴らしい劇場だった。

客席もくまなくチェック。

『おーい!!』どこからか私を呼ぶ声が。訓菊さんが5階席から手を振っている。

下から見ているよりすごく高いみたいで、私が極度の高所恐怖症と知っているので『訓成さんは無理だと思うよ』と。5階席をご購入されたお客様はくれぐれもお気を付け下さいませ。

しかし、この舞台の奥行きの深さ、そして客席と舞台の高さが丁度お客様目線。
これはかなり臨場感たっぷり、舞台に釘付け間違いなし!!

と言うことで、舞台をしっかり努められるように引き続きお稽古に励みます。
ちょっと高い位置にある5階席(1,000円)だけれど舞台で演奏する私の姿は見えますよ(笑)自称訓成ファンの皆様どうぞお越しください。お待ちしております。
関連記事
【写真:奈落にて】
芸文2
劇場の見学では劇場の管理者が案内して下さる。
御家元の右隣、白髪の男性が今回の案内役。

お名前は忘れてしまったが、ばりばりの名古屋弁だったのが印象に残っている。藤秋会の訓義元中部藤秋会会長(きゃーちょー)がそこに居るようだった(笑)
御家元もその名古屋弁には親近感があるようで見学の間は終始笑顔。

しかし、奈落(ならく)ではその笑顔も消える。

この劇場は舞台が何面もあり、その中に奈落と言われる場所がある。
舞台が下方向に下がるその下がった場所が『奈落』。

逆に人間を乗せて地下から上方向に上がったりもする。その時に大変危険を伴い細心の注意を必要とするため、劇場スタッフが十数名舞台に配置される。本番は大きな声を掛けられないため、リハーサルでの念入りな確認をする。

その時、スタッフだけではなく、出演者も同じように舞台の動きを確認しなくてはならない。演奏が終わったからすぐ動くことが出来るのか、出来ないのか、一つ一つの確認が重要となる。個人的な見解では動けない。

出演者全員が安全に行動できるように見えないところで頑張っているスタッフがたくさんいる。
全て出来上がった舞台に立てる感謝の気持ちを忘れてはいけない。

心がけよう『安全第一』
関連記事
高山祭り1

今年も春の高山祭(4月14、15日)が終わった。
しかし春と言うのは名ばかり、朝起きたら屋根には雪が積もり雪が降っていた!そして一日中曇りで雪がちらついた。

この日は、北海道や東北では蒙吹雪で4月とは思えない真冬の気候だった。
春の高山祭りはたまに雪がちらつく事もあるが、それとは全く違う寒さで、古い氏子さん達も弱音を吐いていた。

子供達は神輿引き、主人は護衛で裃(かみしも)を着て参列した。ある意味修行僧の境地。
子供達は真冬の格好で、その上からハッピを着、主人は着物の下に上下2枚ずつインナーを着て完全防備で望んだ。

午前中は3時間半、子供神輿はだんだん人数が減り最後には二人、そのうち一人はうちの年長の娘。あまりの寒さに皆お菓子をもらって姿を消した。
午前の最終到着地は高山陣屋(前にもブログで紹介した)その広場で熱燗で暖まった5体の獅子が元気よく舞った。

子供神輿は午前で終わり、主人だけが午後からまた出かけていった。帰ってきたのは4時。
全ての人が、『さーむいなー』『なんで、こんなに寒いんやろ』その言葉しか言わなかった。

観光客もこの寒さには、かなり参ったと思う。
また秋の高山祭りにお越し下さい、って言いたいところだが今年も冷夏とささやかれているので、秋の高山祭りも心配・・・。

今年は寒さに体が縮こまり『わっしょい!』と声をかける雰囲気になれなかったのが反省点だった。
来年は暖かくなりますように、パン、パン(手を合わせ)一本杉白山神社の神様にお願いした。
関連記事
佃流一生会

さて、我ら藤秋会ではなくてはならない尺八・篠笛奏者「佃 康史」さんの高山のお弟子さんを紹介します。

と、どこかで見たことがある人が・・・・。何と私の主人も佃先生の弟子入りをしているのです。

今月の高山民謡連合会主催の民謡大会にも出演し、お稽古の成果を披露。
現在は今週末に群馬である公演に参加のため、追い込み稽古に力を入れているようです。

笑顔と笑い声が絶えない仲良し三人組です。
佃先生も毎月はるばる埼玉からお稽古に来て下さるので、高山支部のみんな頑張ってきて下さい。
関連記事
訓栄さんと自転車
訓成ブログに初登場の訓栄さん。
今週末、可児の文化協会総会後のアトラクションで津軽三味線の演奏とトークを訓栄さんと訓栄会さんとさせて頂く。そのリハーサルと打合せを高山で予定した。

その日は高山祭りが終わり、隣町の飛騨市古川町の「お越し太鼓祭」通称「やんちゃ祭り」が始まる日。
リハーサルが終わったらぶらっと自転車で行ってきたらいいな、と訓栄さんに提案してみようと思っていたら、もう既に行ってきた後だった。すばやい!!

名古屋の平野地帯と違って、山あり谷ありの山道だから思っていたより大変だった様だが、桜が咲き始めた山の峠で見た景色は絶景だったと語ってくれた。

その後4時間ほど打合せ。
二人での演奏は昨年高山グリーンホテルでピアノとのコラボレーションをさせて頂いた以来。しかし今回は演奏以外にトークもある。演奏もだが、トークの方が問題だ。
いつも訓音さんや歌い手さんにおんぶにだっこのトーク(MC)この二人で出来るのか!特に私は「えー」とか「あー」とか言葉につまり、話が脱線してしまう。訓栄さん頼んだよ!

とにかく、秋田の内弟子生活のトークも交えて、楽しくビシッと演奏頑張ります。
可児の訓栄会さんお世話になります、宜しくお願い致します。
関連記事
先日、IWAKI&栄美さんの演奏で岐阜へお邪魔したとき、お土産に頂いたジャンパー。
訓栄さんが『大きいサイズだね』と言っていたので、高山へ帰ってから主人に着せてみようと思っていた。

『ブログ用に写真を撮りたいから、このレガシージャンパー着てみて』と着てもらったら、何とサイズがぴったり!!特に本人は『久しぶりに自分にぴったりのジャンパーを着た!』とすごく喜んだ。

そのまま主人にプレゼントすることにした。
多分、訓栄さんにはかなり大きかったのではないかと推測する。

栄美さんありがとう。
スバル
関連記事