藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2010年08月
先日、下の子が熱を出した。
毎日暑いし、昼間の熱を放出していると思いあまり気にしないでいたら、39度まで上がった。

とにかく、冷えペタ(冷えピタをそう呼ぶ)を頭に貼れと怪獣のように攻撃してくる。

昼間は意外と元気に遊び、夜寝る頃高熱が出る。
3日ほど続いたが、週末は夏祭りのイベントもありココで手を打って置かなくては大変な事になるかも!と思い早速成明医院へ。

熱は喉の炎症からきている風邪だったので心配することはなく、お薬を飲むことで解決。
ただ前から気になっていた手の指先に出来ている水ぶくれのようなものもついでに診てもらった。

イボと判明。
イボはウイルスだから、今の時点で薬はいらないよと、他の治療法を教えてもらった。

『神棚にむかって 手を合わせ イボイボ 飛んでけー! これを3回毎日繰り返す』

さんはい!
『イボイボ 飛んでけー! イボイボ 飛んでけー! イボイボ 飛んでけー!』

山下医院2

いつも大変ユニークな治療法でいつも楽しませてくれる成明先生です。
昨日神頼みすることを忘れてしまった、子供には二日分頑張ってもらおう。

さて、さて、今夜は訓峯さんと、飲むぞーー! じゃなくて(笑)
午後8時から本町商店街3丁目、ヨロシク!
関連記事
お待たせいたしました。

先日、皆様のお陰をもちまして雨の心配もなく、本町三丁目商店街納涼夜市が無事に終わりました。

訓峯さん、伊勢音頭保存会の皆様、遠路よりお越し頂きありがとうございました。

伊勢音頭の踊りは品がありまた、賑やかな太鼓と鉦で楽しませて頂きました。
毎年、ありがたいことに満員御礼(野外だから区切りがありませんが・・・)地元の訓成会、津軽三味線ファン、観光客の皆様方には盛大な拍手を頂きまた。

訓峯さんや、伊勢音頭保存会の皆様からは大変楽しくさせて頂いたと御礼の言葉を頂き、とっても嬉しかったです。
演奏後には主催さんから『また来年もお願いします』とお言葉頂きました。また1年後に向けて訓成会の皆さん頑張りましょう!!

先ずは画像を、裏話はまたブログアップします。

2010本三祭2
【開幕:唄は峯翔さん、篠笛は飯田さんと真理さん】

2010本三祭5
【演奏前に楽屋で記念写真】

2010本三祭1
【私も伊勢音頭弾かせて頂きました】

2010本三祭3
【フィナーレは和太鼓の篤実さんソロで大喝采】
関連記事
昨日は清洲のお稽古日。
本町三丁目納涼夜市のイベントを無事にさせて頂いたことを御家元に報告し、訓峯さんにも会えて、伊勢音頭保存会の皆さんも楽しかったと連絡がありましたとお聞きし、ようやくホッとしている。

さて、ローカルな話題で普通に『本町三丁目納涼夜市』と言っているが、少し説明すると高山市内を流れる宮川に平行する赤い中橋(1丁目)から、弥生橋(4丁目)までの商店街を本町商店街と言う。

その商店街の中程にあるのが三丁目。

毎年8月1日と2日の2日間、本町商店街の夏祭りが行われる。いつも訓成会をごひいきにして下さり、その2日間のうちどちらかのメインゲストとして呼んで下さる。もう1日のメインゲストは、飛騨出身のお笑い芸人『流れ星』最近はテレビでもお見かけする、期待の新人だ。毎年出演する日が違うのでお話しさせて頂いたことはないが、いつかコラボ!?してみたいな??(どんなコラボ?)

さて、このイベントにはやはり、地元の芸達者な方々が舞台を努める。
その中でも、先日子供達にマジックショーで楽しませてくれた超魔術師の『NAO』さんの舞台が私達の前だった。

やはり人気は高く、控室から舞台は見えないが、その周辺はお客さんの人影で舞台が見えない。
NAOさん集客ありがとう!!
今度一緒に飲みに行こうかぁ(でもお酒は一滴も飲めないんだよね)

2010本三祭4
【前回のブログには載せられなかった、風船が消える芸を始める瞬間、その瞬間はライブでどうぞ】
関連記事
毎年、伊藤薬局さんの2階を楽屋として使わせて頂く。ありがとうございます。

今年もクーラーの効いた快適な空間でのリハーサル。

しかし毎年、外気との温度差で、三味線も人間もそのギャップにやられてしまう。今年はクーラーの温度を25度に設定して少し暑いと感じる空間で慣らした。

そして、リハーサルは順調に進み、音頭会の西川茂登路先生からご提案頂いた『伊勢音頭さわぎをみんなで踊ろう!』コーナーのリハーサルをした。

やはり本場伊勢音頭の踊りを直接ご指導頂けるとあって、女性のみならず訓成会男性陣もお稽古。
特にチェッコリー成明さんはウキウキのように見えた。

踊りの指導は手や体の動きに言葉を付け意味を持たせ覚えやすくして下さり、何度か円を描いて大体マスター出来た。
その頃私は必死に着物に着替えていた為、踊りのお稽古に参加できなかった、しかも本番は地方を勉強させて頂くため踊れない・・・残念。またの機会かな。

さて、楽しく踊りをお稽古した後は、楽しい三味線(笑)本番に向けて調弦、身だしなみチェック。
もうそろそろ、NAOさんの舞台も終わりに近づく。

2010本三祭7
関連記事
NAOさんの舞台も大盛況でおわり、舞台転換開始。

野外舞台なので、緞帳もなく準備は全部丸見え。
客席には訓成会総合病院の先生のファンが続々と集まっており、先生方が舞台に乗ると 『キャー!キャー』 と黄色い声が飛び交う。

ホールなどの舞台では歓声を上げにくいが、野外演奏では本能のおもむくまま 『うっちゃーん!!』 『かっこいいー』 の連続。

まだ、舞台始まってないんですけど・・・・もう絶好調の声援。
その『うっちゃん』とは、内海先生のことですね-。
2010本三祭10
あまりの黄色い声に笑いが、緊張が少し解けたようだった。

サービス精神旺盛なうっちゃんファンは、全ての先生方に黄色い声を送ってくれた。もちろん私にも 『訓成さん、きれい!』 とか、『訓成さん、かっこいい!』 とか。私も嬉しくなって今までになく演奏しながら掛ける かけ声 は大きく切れのある声で、その黄色い声にお答えした。

訓峯さんに至っては『峯さま』コール。
ブログの写真と実物が違っていた為か(本人もそう言っていた) 『峯ちゃん』 よりか 『峯さま』 が、しっくりきていた(笑)

黄色い美声の方以外にも、毎年楽しみにして来て下さる方々が徐々に増え、私の同級生なんかはひょこっと現れてお互いの子供の数を聞いてびっくりしたりして懐かしい再会をしたり、訓成会のみんなもそれぞれに活躍されている場のお知り合いや、友人が声を掛けてくださっている。

本当にいつもありがとうございます。益々頑張ります。
皆様、来年も是非お越し下さい。お待ちしております!!
関連記事
告知が遅くなりました!!
今夜、高山手筒花火にて、津軽三味線を弾きます!

今回は、訓栄会さんの若手プレーヤーと訓菊さん(はるかちゃん)と手筒花火の音に負けないようにガンガン弾きたいと思います!!

皆さん遊びに来て下さい。演奏場所は弥生橋の上です。

2010手筒花火1
2010手筒花火2
関連記事
昨日は、高山手筒花火にお越し頂いた方、ありがとうございました。

毎年、このイベントでは雨がつきもの。今年こそ晴れると思っていたのに、絶対そうだと思っていたのに!!

何と、雨が降ってきたのです!!!!
しかも、三味線の演奏が始まったら降りかけた・・・・。何でーーー!!

演奏は、手筒花火とタイミングを合わせてきっかけを出すように、練習したのに、手筒花火が火柱を上げない・・・・待てど暮らせど炎が見えない。

今回、最初、そして和太鼓の、篤実さんが太鼓ソロを努めたところが問題があったようだ。
最初の部分なんかは1段から3段まで弾けば十分花火とタイミング合わせられると思っていたのに、3段まで弾いてもまだ花火が始まらない、とうとう追加でもう1回3段、4段と弾いた。何だか気持ち悪い感じだったが花火と合わせられた。

和太鼓の篤実さんに至っては、もうクタクタになるまで叩いても花火が始まらない。そして、今年は花火が終わる前に全ての演奏が終わり、雨も本格的に降ってきたため終了となった。

『これは賭やな』
超ドキドキを味わった私達でした。訓栄会さん、篤実さん、ありがとうございました!!
夏休みの恐い想い出になりました。来年チャレンジしてみたい人いたらコメント下さい!

2010手筒花火
【写真:前列左 はるかちゃん、訓菊さん、私、篤実さん、後列:紗弓ちゃん、達也くん、英治くん】

2010手筒花火4
【特等席での演奏】

2010手筒花火3
【打ち上げは、稽古場近くのカルビ大将、メチャメチャ肉食べました(笑)】
関連記事
手筒花火のイベントも無事終わり、ゆっくり休んで次の日は高山観光へ!

有名な、陣屋、古い町並み。そして桃パフェ。

私も、子供達を連れて一緒に観光客を装った。
しかし下の子が、いつものようにマイペースで好きなところへ走っていってしまうので飛騨弁で怒っているとお店の方に『あなた地元の人?』みたいな顔される。

しかし、面倒見の良い達也君に付いて離れない。しかも自分もその仲間のような行動をとる。
お味噌屋さんで、お味噌汁の試飲をやっていた所でも、そばに寄っていく(笑)

2010手筒花火6

でもさすがに、まだ高校生、3歳の子供の面倒は大変。
しかも若者はテンション上がって前の夜寝ていないらしい・・・私が年寄りなのだろう、思いも寄らぬ事実にかなりギャップを感じた。私ならもう疲れたしすぐ寝られるって思ってしまうのだが・・・。

しかし帰りの車ではちょっと眠たかったかな。
ありがとう、また遊びに来てね。
2010手筒花火5
関連記事
今日も雨です。今日は雨止まないな・・・・。
でも洗濯物は沢山干してしまった。明日から主人の兄家族が帰省するため、洗濯物はためられない。

さて、話は変わり、先日深夜のテレビ番組でブログ刑事《デカ》という番組を見た。たまにみるが、芸能人のブログを見て怪しげな写真や文章があると、それを検証しに本人に会いに行き、それが嘘だと逮捕するという、結構何て事無い結末だか、先日見たときのゲストが元格闘家の高田延彦さんだった。

何を検証するのかと思ったら、元格闘家なのに、空の雲の写真を何枚もブログアップしている、男らしさに欠けてきたのでは?という、すごい言いがかりだった。

ブログを見てみると、本当に空に浮かぶ雲の写真ばかり。雲が好きなんだそう。
1日に何回も何枚も写真をアップするときもあるらしい。
その後、高田さんはどうなったか・・・・途中で寝てしまったので分からない。

しかし実は私も結構雲の写真を撮っているので、高田さんの気持ちがよく分かる!!

携帯のSDファイルに保存してある雲の写真をどうしようかと思っていた所にこの番組を見たので、空に浮かぶ雲が好きということでアップしまーす!!

雲2
雲3
関連記事
今日から子供達はお盆休み。休みとはいえども、大人は忙しい。

今朝は、帰省中のいとこも連れて4人で子供の散髪のはしご。

先ずは上の子をミッキー美容室へ。前髪を短く切ってもらい、私似で髪の量が多い為すいてもらった。
真弓は盆休みをもらっていて不在、おばちゃんに切ってもらった。ありがとう。

そして次は、おなじみ小井戸理容店へ。

さて、高山には古くから市民の情報誌【市民時報】がある、そこに知ってる二人が載っていたのでご紹介。
小井戸の兄ちゃんと成信さんです。
ペット自慢コーナーなのだが、何と、成信さんのところの小次郎君は『ハトぽっぽ』を歌うらしい。その話、昔何となく聞いたことがあるが、改めてすごい犬なのではと感心した。

【画像は市民時報より】
市民時報社1

【まずは後ろ髪ジャキジャキ】
小井戸8

【手には最新のおもちゃを、絶対離さない】
小井戸7

【この期に及んでも、おもちゃは離さない。いつも楽しませてくれてありがとうございます】
小井戸6

さて、散髪の間子供達は次から次へと『トイレ-』の連続で、トイレ当番を担当し、全部さっぱりしたところで(笑)かっぱえびせんを頂き帰路へ・・・・・しかしお盆の観光客や帰省する方でどんどん道が混んできた。

遠回りだが、混んでいない道で帰ろう。
途中、成徹さんの江名子クリニックに突然の訪問!!丁度最後の患者さんだったので、看護師さん達も快く歓迎して下さった、ここで成徹さんと記念写真。ジュース1本渡した(笑)

江名子クリニック

せっかくの記念写真なのに、下の子が『車で待っとるー』とうるさいので、成徹さんとお別れをしてから、どうしてそうなんだ!と聞いたら、食べかけのかっぱえびせんを食べたかった と言う理由だった・・・・。そんなことかーーーーぁ!

おじさんを訪ねて3キロ。
午後からはBBQ、忙しいお盆休みの幕開けです!!。
関連記事
お盆が終わってから晴れましたねぇ。
その為お盆の夏祭りが中止されていたのではないでしょうか。主催者の皆様の心中ご察し致します。

さて、うちのじいちゃん農園には、とうもろこし、きゅーり、トマト、オクラ、ナス、しそ、大葉、ジャガイモ、枝豆等々手広く作物を栽培している。

東京からのお兄さん家族と、帰省の度収穫をする。

今回、雨ばかりで足元ぐちゃぐちゃ。
しかし年に1回の大イベント、じいちゃんも、お兄さん夫婦も盛り上がる。

今のご時世、天変地異で野菜の値がいきなり高騰、そんなときは毎日同じ野菜を食べ続けていて『もう食べ飽きた!』と心の中で思っていても、食べる野菜が無いよりはあるから幸せだ、と思う。

昨日テレビ番組で『ビッグダディ』が12人の子供達を食べさせていくため荒れ地を借りそれを耕し、苗を植え、必死に生活している姿を見て、土地を借りなくとも栽培できるのだから、幸せだ、と思った。

形の整ったジャガイモや、タマネギ、にんじんやピーマン。
包丁や皮むきで サーッ と切ってみたい。

時間との戦いのご飯の支度、いつもいびつで、下ごしらえに時間が掛かる自家製の野菜、ちょっとイライラしながら 『無いよりはまし』 と自分を励まし頑張っている。

今、本当にどうしようもなく、キューリとトマトとオクラが貯蔵庫にあふれかえっている。
キューリを食べ過ぎると カッパ になるぞ、って成明(成明医院)さんから言われそうだ。

しかし、お盆にはやっぱり スイカ です!
今年のスイカはどうだっか、畑で手塩に掛けて育てたスイカを収穫。
すいか1

やりましたー!!
今年は大当たり!
すいか2

甘くて、ジューシーで美味しかった。じいちゃんありがとう!
明日からは仕事モードに切り替え頑張ります。
関連記事
さて、今日もまた真夏日。
朝晩は気持ち涼しくなってきたが、残暑が厳しくなりそう。

以前のブログでも書いたが、高山での節句は全国より1ヶ月遅い。

毎年、保育園で8月7日に七夕飾りをしてくれる。
子供達は、思いのまま短冊に書いてササの葉に結ぶ。

うちの保育園の園医である成明さんにも書いてもらった(笑)
お願いというより、努力が必要だと言いながら書いた短冊は・・・

『早く絃奏が上手く弾けるようになりますように』

はい、是非よろしくお願いします!ってなことで次の日保育園のササに結んできた。
願いが叶いますように。パンパン!合掌。

2010七夕1

【創真は・・・おもちゃでいっぱいあそべますように】
2010七夕2
関連記事
昨年の誕生月に主人から『誕生日プレゼントは何がいい?』って聞かれ、迷わず『MDプレーヤー』と答えた。

主人は『何で?世の中に逆行してる』と言われた。

本当にその通りだ。
しかし私が内弟子に行った頃(20年前)は、お稽古録音機器は全てテープレコーダー。当然私以外のみんなもカセットテープでの音源のやり取りだったので、自然の流れだった。

しかし、その後画期的な録音編集機器『MD』の登場。
私は早いうちにそれを購入。それが初代MDプレーヤーとなった。

当時は長時間使用でき、薄型で格好良かった。
しかし、私以外仲間内では『MD』を持って無く、せっかくMDでデジタル録音したのにカセットテープに落として、もどかしさを感じながらも音源のやりとりをした。

そして今、ボイスレコーダーを使っている。
これは使い勝手の良い録音機器だ。軽いし、録音音質もまずまず、充電もたっぷり長時間使用できる。そしてパソコンとつないでCD-Rに落としたり、メールで送ったり出来る。

しかし、今まで私が貯めてきた様々な録音物を、いつ何時掘り起こして聞かなくなくてはならない時が来るかも知れない。
ボイスレコーダーを買う切っ掛けになったのも、初代MDの充電電池が消耗してしまい効かなくなってしまったからだ。今後MDという媒体が消滅してしまったら、壊れたMDでは聞けない。そんな危機感から主人に『MDプレーヤー』をお願いした。
それだけではなく、その場で簡単に音を編集出来るのが一番の強み。

ただ音楽を聴くだけなら最新のデジタル機器の方が、世の中と最速で交信できる。流れに乗れる。
昨日のお稽古に成藤さんがボイスレコーダーとipodを並べお稽古を録音。うーん、両方録音してどうするのだろう・・・・少し説明を聞いたがちょっと分からなかった。またその実験の結果を聞いてみよう。

近年においてもカセットテープをメインに愛好している訓音さん。
ごく最近MDで音源を頂く。少しだけ世の中の流れに乗ってきたぁかなぁ・・・(笑)

訓峯さんは頑固一徹カセットテープ。男らしくてよいと思う。まだまだカセットテープの歴史は終わらない。

【写真:2代目MDプレーヤー】
MD
関連記事
今日も暑い!!多分、岐阜の多治見は今日も38度ですな、心よりお見舞い申し上げます。

昨日の訓成会のお稽古でも話題になったが、昨年より絶対暑い、年々気温が上昇しているのは間違いない。
子供達も炎天下の外遊びが辛いと感じているみたいで 『今日は家の中で遊びたい』と言ったりする。

私なんかずっと屋内でクーラーにあたっていたい。外に出たくない!

そんな子供の屋内遊びは、お絵かき、ぬりえ、工作、剣作り、たまにお料理、ごくごくたまに三味線のお稽古。
それ以外にはパソコン。

マウスの使い方なんかすぐ覚える。
下の子はまだまだパソコンの扱いは無理だが、YouーTubu(ユーチューブ)で、シンケンジャーやゴセイジャーの合体ロボの変身過程を好んで見ている。何回同じ物を観ても飽きないようで、『おかーさん、もう一回ー!』とトイレにいても呼ばれる。もう!

上の子は、ヤフーキッズのゲームを楽しんでいる。
最近は、着せ替えを楽しんでいた。

先ずは私に似せて女の子を着せ替えしました-。
【初音作】
パソコン着せ替え2

結構、雰囲気出てますね~。

次は、先日高山に遊びに来てくれた春花ちゃんに着せ替えしましたー。
【初音作】
パソコン着せ替え1

キャップ、花柄の服に、黄色いチェックのスニーカー。可愛く出来ました。
どうかな?春花ねえちゃん!
関連記事
お盆が終わった頃、私の同級生が嫁ぎ先の横浜から帰省した。

彼女とは中学生からの付き合いで、私が秋田へ内弟子修業へ行くときも見送りに来てくれた。

実家は創業130年の老舗の布団屋さん、創業当時は呉服もやっていたそうだ。
そして彼女は1級建築士。

それに至るまでの努力とその志には心から尊敬をしている。
そして、彼女も私の三味線の活動をいつも応援してくれる。

お互いにご縁もあり、現在は家族ぐるみでお付き合いしている。

子供はお互い2人。
しかし先月彼女から『自然妊娠で3人目出来ました』とメールが来た。

何年も治療をして2人を出産した。それは精神的にも経済的にも負担が大きく、途中で断念する夫婦も多いと聞いている中、信念をもって治療し続けたこと、彼女らしくまた彼女の強さに脱帽した。

しかし不可能に近いと言われていた自然妊娠を実現させた。
素晴らしい、おめでとう。

現実的には大変だと思うが、そんな2人の大事な赤ちゃんの誕生を心待ちにしている。
ちょっと欲を言えば男の子だったらいいなーと、心の中で神様にお願いしている。

【写真:同級生の子供さんと三味線、初音の姉弟子ぶりを撮ってみた】
初音稽古1
関連記事