藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 2019年04月
飛騨高山はここ一週間は雪が降ってやんで、降ってやんでの繰り返しです。
高山で4月に積雪があったのは7年ぶりだそうです。確か高山祭で大量に降った記憶があります。
以下は31日高山駅前


さて、先月31日に、高山民謡連合会主催の第48回全国民謡大会が、お陰様で大盛況にて終える事が出来ました。ご来場頂きましたお客様、ご協賛頂きました方々、スタッフの皆様厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

またこの翌日、新しい元号が決まるという事で、春休みの子供達と一緒にその時間にテレビの前で待ちました。

私は昭和生まれですので、平成と元号が変わる時にはちょうど内弟子として秋田のお家元宅でそのテレビを見ていました。
その時は昭和天皇崩御のあとでしたので、急に元号が変わる事に少し慌ただしさを感じましたが、今回はあらかじめ元号が変わる事、変わる日が決まっていましたので、その日に向けて準備期間があり(特にそれに関して忙しくなる事はないですが)新元号に慣れ気持ちの切り替えが出来るんだな…と感じています。

元号が発表される時、子供達も少し緊張して見ていました。元号が変わるから自動的に生活が変わる訳ではないけれど、節目として気持ちを引き締めて時代と共に歩んで行きたいと思います。
関連記事
飛騨高山は朝から雪で寒い一日でした。

さて、本日の中日新聞に、息子の書道の先生が載っておりました。

何と、あの『令和』を揮毫された内閣府の辞令専門職 茂住修身 さんの教え子だったのです。

また、先日行われました『第48回全国民謡大会』の題字を書かれたのが、その書道の先生 渡辺美都先生です。

妹の同級生でもある、美都先生ですが、良い出会いに感謝致します。美都先生の益々のご活躍をお祈りいたします。



関連記事
飛騨高山は春の高山祭りで昨日は夜祭が雨で残念でしたが、今日は晴天で良い祭りになりました。

が、私は第10回秋田民謡全国大会の三味線演奏の部出場者の応援に行って来ました。
今年は、訓平くんが、タイトルホルダーでの演奏。出場者は、訓音さん、訓美さん、訓鈴さん、訓實さん、訓浩さん、訓樹さん、栄徹さん、京泰さんの8名。

皆さんを応援する為に秋田へ飛びましたが、やはり一番私が応援の念を送っていましたのは、30年来の兄弟弟子、訓音さんです。

私の念だけではない事は分かっていますが、今年念願の優勝を果たしたのは、訓音さん!!
本当に嬉しい!!自分の事のように嬉しいです!女性としての優勝は10回大会のうち3人目!それもまた嬉しい!!

心より、おめでとうございます。

先ずはご報告致します!!





関連記事