藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 赤革の手帳
手帳

周りの人々が電子手帳や携帯電話のスケジュール帳にメモリーするデジタル時代なのに、どうしても手放せない手書きの手帳。しかも6穴の大きいサイズ。

持ち運びも(歳を重ねる度に)重く、幅を取るし結構存在感がある。
独身の頃から比べたら、結婚してから、子供を産んでからと、どんどんスケジュールが増えていく。私はおおざっぱな性格なので、おおざっぱに手帳に記したらどんどん分からなくなってしまう、それもあり、どうしても小さい手帳には替えられない。

皆さんは知らないだろうけど、訓音さんの手帳なんか見たら一面真っ黒!!予定もびっしり(のように見える)私の手帳より小さいのに・・・本人しか分からない暗号が沢山書いてあるらしい。
でも訓音さんもたまに『これは何のことだっけ?』とつぶやいているときがある(笑)

その私の手帳に使う週間ダイヤリーだが、昨年購入するタイミングを失い、いつも行く文房具屋に行ったら、店頭にはなく、取り寄せ可能か聞いてもらったら、メーカーでも廃盤になってはいないが、品切れだそう。
今まで色んなレイアウトのものを使ってきたが、今はこのタイプの週間ダイアリー帳が一番使いやすく気に入っている。

諦めたくないので、また探してみよう。
気に入った物ほど無くなってしまう、そういう時代なのかな。『物を大切にしなさい』と言われた小学校時代の母親の口癖がよみがえる。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック