藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 私の隠れファンは誰だ?
仕事柄、自分の携帯電話に登録されていない方からよく電話がかかる。
留守電にメッセージを残して下さると誰が電話をかけて下さったのかが分かる。

でも昨日の登録外の電話の主はメッセージを残していなかった。たまたまお稽古中で電話を取ることが出来なかったのでちょっと気になっていた。

そして2回目の着信、誰だろなーと電話に出てみたら、姫路の訓郷さんじゃないかー!
今から白川郷のライトアップを見に行くのだそう、そして今夜は高山泊まり。

『成りさんにどうしても会いたい人がいるので時間を作って頂けませんか?』と、
ん?姫路で私に会いたい人・・・・。

多分7年前ぐらいにもそんな事があったぞ・・・あーーーーーっ、ぴ~んと来た!!
多分あの人だ。

夜のお稽古がすんだら訓郷さんに連絡をすると言うことで電話を切った。
さあ、どこへ連れて行こうかな、そしてまたぴーんと来たのが、訓成会10周年記念公演でもお世話になった民謡の唄の小坂先生のお店『穂高』。
訓郷さんと謎の人物の二人はホテルからタクシーに乗って来てもらうようにお願いし、私は穂高の前で到着を待った。

この狭い高山でタクシーがさまよっているとの事で心配したが、とうとう到着。

あーやっぱりなーーーー。
姫路の石井さんだよねー。
【写真:訓郷さん、石井さん】
石井さん
『あー、分かったぁ?』と石井さん。

まず、みんなで乾杯。
小坂先生とのトークも盛り上がり、『御家元に電話してみてー』との石井さんの一声で電話。
御家元は少しびっくりの様子。今度御家元が高山にいらっしゃるときには穂高へお連れすることを約束し電話を切った。

『テレビで高山が映ると、いつも成美ちゃん元気かなーって思うんよ』と、石井さん。
話は盛り上がり、最後に小坂先生の、高山音頭、秋田おばこの伴奏(三味線:訓成、太鼓:石井さん)をして思いでに残る再会になった。

石井さん、ありがとう。お体に気を付けてまた高山に遊びに来て下さい。
何年後かな、楽しみにしてます。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック