藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 五木さんのお稽古日記②
さて、今だから言えるが、その日丁度新曲の打合せをされていたようだ(内緒にねって感じだったので誰にも言わずにいた)
五木さんを待っている間にシュン君から『一般的にお稽古はどれくらいの時間されるのですか?』と聞かれ、帰りのバス時間18:30を頭に置いて、1時間ぐらいと答えた。

しかし16:00のお稽古予定だったが、五木さんがスタジオに現れたのが17:00。
帰りのバス時間に間に合うか心配だったが、世間話をしながら、お稽古に入った。

しかし譜面が無い。私も持ってきていない。暗譜されているのだろうか?いや、最初から譜面など無い状態で相手の手を見てお稽古されていたようだ。昔の教わり方ですね。
御家元に言われたように、虫のソロ部分、藤秋会と一緒に演奏される部分を何度も一緒に弾いた。

やぱりスーパースター、音の正確さは素晴らしい。三味線に譜尺も付いていないのにほぼ16や19のツボをピタリと当てる。しかし、たまに左手の移動やバチの使い方が私と違う箇所があり、そこを何度かお稽古した。

特にスクイと押しバチの部分だった。
今まで全部の音を叩きばかりで鳴らしていたのだろうか。それもそれで凄いこと!!

小休憩はしたものの、1時間程で終了する予定が1時間半もお稽古してしまった。
お稽古に集中してしまいもうすっかりバスに間に合わない・・・・・・。

私達が名古屋からお稽古に来てくれたと思っていらしたようで、高山からと聞いてびっくり!私とパートナーには五木さんご本人から労いのお言葉を頂きました、大変光栄なことでした。
また来月お世話になることのご挨拶をしてスタジオを出た。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック