藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 名古屋から通うお弟子さん
写真【左:訓成、右:内海先生、後方:愛車】
内海先生と
名古屋(春日井)から高山へ三味線のお稽古に通うようになって3年程。

月に1回のお稽古なので、他のお弟子さんより回数も少なく十分なお稽古が出来ないのではないかと心配したが、ちゃんと家でお稽古している様子で本人の努力もあり何とか遠距離稽古も他のお弟子さんと変わりない進み具合を保っている。

私のような直弟子(御家元にお稽古をつけていただいている弟子のこと)は基本的に月に1回のお稽古で、その月にお稽古に行けないと次のお稽古が2ヶ月後となってしまい少し不安になってしまう。
彼にもその様な気持ちがあるのではないかと思っている。

夏は良いが、冬の高速道路は積雪で通行止めになったり、ここ二日間の様な思わぬ豪雪で、途中チェーンを巻いたり、結構ハプニングがある。そんな中頑張って高山まで通う。

それほどまでして、そんなに三味線が好きなのか!?と思われるかも知れない。
それは嫌いではないと思うが、それ以上に彼を高山で待っている人たちがいるから、月1回の診察を受ける患者さんがいるからだ。私の友人のご主人もお世話になってる。

名古屋から高山の厚生病院の院長として赴任され、たまたま成信と同期で、色んなご縁で私や三味線と繋がりができた。
初めてお会いしたのが、高山駅前の居酒屋で訓成会の新年会の席でだった。成信の『入会するには稽古より先に飲み会から』が恒例になった初の事例だった。

今年の4月からは、独立行政法人 国立病院機構 東名古屋病院の院長先生に就任。
今と変わらずお稽古に通って下さい。まずは5月の30周年公演頑張りましょう。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック