藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 録音の歴史
昨年の誕生月に主人から『誕生日プレゼントは何がいい?』って聞かれ、迷わず『MDプレーヤー』と答えた。

主人は『何で?世の中に逆行してる』と言われた。

本当にその通りだ。
しかし私が内弟子に行った頃(20年前)は、お稽古録音機器は全てテープレコーダー。当然私以外のみんなもカセットテープでの音源のやり取りだったので、自然の流れだった。

しかし、その後画期的な録音編集機器『MD』の登場。
私は早いうちにそれを購入。それが初代MDプレーヤーとなった。

当時は長時間使用でき、薄型で格好良かった。
しかし、私以外仲間内では『MD』を持って無く、せっかくMDでデジタル録音したのにカセットテープに落として、もどかしさを感じながらも音源のやりとりをした。

そして今、ボイスレコーダーを使っている。
これは使い勝手の良い録音機器だ。軽いし、録音音質もまずまず、充電もたっぷり長時間使用できる。そしてパソコンとつないでCD-Rに落としたり、メールで送ったり出来る。

しかし、今まで私が貯めてきた様々な録音物を、いつ何時掘り起こして聞かなくなくてはならない時が来るかも知れない。
ボイスレコーダーを買う切っ掛けになったのも、初代MDの充電電池が消耗してしまい効かなくなってしまったからだ。今後MDという媒体が消滅してしまったら、壊れたMDでは聞けない。そんな危機感から主人に『MDプレーヤー』をお願いした。
それだけではなく、その場で簡単に音を編集出来るのが一番の強み。

ただ音楽を聴くだけなら最新のデジタル機器の方が、世の中と最速で交信できる。流れに乗れる。
昨日のお稽古に成藤さんがボイスレコーダーとipodを並べお稽古を録音。うーん、両方録音してどうするのだろう・・・・少し説明を聞いたがちょっと分からなかった。またその実験の結果を聞いてみよう。

近年においてもカセットテープをメインに愛好している訓音さん。
ごく最近MDで音源を頂く。少しだけ世の中の流れに乗ってきたぁかなぁ・・・(笑)

訓峯さんは頑固一徹カセットテープ。男らしくてよいと思う。まだまだカセットテープの歴史は終わらない。

【写真:2代目MDプレーヤー】
MD
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック