藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 高山 秋の味まつり 【本編1】
さて、土曜日は雨のため断念した 高山秋の味まつり ですが、昨日の日曜日はうって変わって超快晴、とっても気持ちよく家族4人で出かけてきました。

最初は陣屋側から入り、高山観光協会の案内所があり、散策マップ等のパンフレットを配布。
途中、子供の保育園の子供達や、親御さんにあったりして、手にしているものを細かくチェック。

一度往復し、子供の意見も聞いたりして再度人混みの中へ・・・・。

【あまご、いわな、鮎の炭火塩焼き】 秋風の中、串焼きをほおばると夏の終わりを感じる一品。

【飛騨牛の串焼き】 これは高山の定番中の定番名物。普段でも至る所で焼いている。

しかし今回、気になったのは最近新店舗にてオープンした 『ル・ミディ』 の屋台の飛騨牛串焼き。
たまたま知り合いの方が顔を真っ赤にして焼いているので声をかけたが、声をかけるのもはばかられる程行列が出来ていた。食べたかったが断念して次に進んだ。

足を進めていくと、またどこかで見た顔が・・・・・・。多幸屋・・・家の近くの【たこやき】屋さん!!
ここは最近美味しいと思うたこ焼き屋さん。屋台で出店されていたので 『お店は営業しているの?』 と聞いたら 『やっとるよ』 普段でもはやっているので、今日は忙しかっただろうなぁと思いながら次へ。

香ばしいあぶらえの味噌がたっぷり塗ってある【五平餅】
これは使用する【あぶらえ】によって、味が全く違うので、食べてみて好みの味かそうじゃないか判断する。
しかし、みだらしだんごのように1本買って試食という軽い気持ちでは買えない。だんごに比べたら量も多いし、しっかりした味なので、下手をしたらお腹がふくれてしまう。
これもまた食べたかったが断念・・・・・・。

他には、金沢や魚津、氷見など観光PRに来ている県外の観光協会さんも出店していた。
高山は海がない町なのだが、昔から日本海の魚が食卓にあった。

ブリ街道という言葉が残っている。昔、生の魚を運ぶには日本海から高山までの運搬距離が長いため、ブリを塩漬けにして運んできたことでそのブリが通った道をブリ街道と言っていたようです。
この話は、氷見の訓芳さんもよくご存じですよね。たまに高山に観光PRにいらっしゃっていました。

他にも、イカの丸塩漬けや、しょぱーい塩抜きしないと食べられない魚の塩漬け、わかめの塩漬け。
極めつけに【漬け物天国】なので、塩分控えめにって感じです。

さて、まだまだ屋台は続く。
途中、高校生のバンド演奏があったり、お祭りを盛り上げていた。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック