藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓成所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓成会」公式ブログ 終着駅はヨーロッパ。
早川さん

さて、今日の訓成会総合庁舎(ではないかも・・・・)のメンバーで、昨年の訓成会10周年記念公演が終わってから入会された『一番若い』お弟子さん、高山市久々野町の早川美津子さんをご紹介します。観光地高山ならではの【さるぼぼ】などのお土産物を取り扱うお仕事をされています。

一番若いというのは、一番遅くに入門した、最近入門したという意味です。『若い』と言われるのは男女問わず嬉しい事ですよね。
逆に、『一番古い』と言われると大年寄りのような感じですが、意外と年齢が若い方がいたり、おもしろいですね。

その一番若い早川さんですが、ハンパなく譜面を暗譜するのが早い!!寝て起きるともう暗譜されているような、睡眠学習のような驚異を感じる。紹介してくれた平畑さんもびっくり、他のメンバーも彼女がどこまで弾いているのか気になっている(笑)

さて、先日の五木公演リハの行き帰りに彼女が旅行好きだと言うことが分かった。
しかも超ハングリーな開拓旅行者。そこらへんのツアーでは飽きたらず、旅行パートナー(言っておくが旦那さんではない)と現地の『食』を制覇するため精力的に食べ歩きしている。

日本から近いアジアはだいぶん旅行しているようで、辛い物、酸っぱい物、甘い物、昆虫、虫、爬虫類、色々食べたが、一つだけ食べられないものがあったと・・・・腐った豆腐の鍋だそう・・・。

これが本当に商品名がどうかは知らないが、想像すると食べられない鍋のような感じ。香りだけで引いてしまいそうなのだが、チャレンジャーな彼女は一口でも食べてみないと帰られない・・・・そう思った彼女は 食べた!! どう考えても、腐った豆腐の味だったそう(涙)

帰りがけ、お店の人から何か渡された。
何かと思ったら、食べ残した腐った豆腐鍋を袋に入れてテイクアウトしてくれたそう(あーそーだったぁぁ~~)その土地では露天のお店で注文した料理を残すと、袋に入れて持って帰るよう用意してくれるのだ。
そのテイクアウト料理はどうなったか聞いてなかったが、想像がつく。

そんな旅行好きな彼女の終着地はヨーロッパだそう。旅行自体も夢があるのに、また更に大きな夢を持って人生を楽しんでいるのがうらやましい。

今年はどこに行かれるのかな?またお土産話を聞かせてもらおう。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック